wedding-997634_960_720

おさえておきたいご祝儀マナー

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - おさえておきたいご祝儀マナー
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
おさえておきたいご祝儀マナー結婚式マナー

ご祝儀はいくら?

sample01

だれかの結婚式にお呼ばれした時に、意外に頭を悩ますのが「ご祝儀をいくらにするか?」という問題です。招待状を受け取ってから慌てないように、前もって昨今の相場を知っておきましょう。また、その際に外せないマナーを少しおさらいしておきましょう。
身内以外のご祝儀は、3万円が今の相場となっています。ふつう披露宴でいただくお料理が一人1~2万円ほどだと言われています。さらに受け取る引出物のことも考えると、3万円を包むのはかなり妥当だと言えそうです。もちろん、親戚以外の場合は必ず3万円だと決まっているわけではありません。これはあくまで目安ですから、最終的には普段の新郎新婦との付き合いの深さで決めるとよいでしょう。

ご祝儀の決まりごと

sample01

また、親しさ以外にも年齢も関係してきます。例えば、30代や40代でそれなりのお給料を頂いている人と、20代で就職したばかりの人とで金額の差があるのは当然です。20代の方が無理に背伸びして高額を贈る必要はないでしょうし、逆にある程度キャリアのある方は自分の立場も考えて金額を決めなければいけません。
祝辞の際にタブーとされる言葉があるように、ご祝儀にもタブーとされる数字があります。基本的に割り切れてしまう偶数はおめでたい席で別れをイメージさせてしまうのでタブーとされています。ですから3万円より少し多く贈りたいという方は5万円を包みましょう。ただし、最近では2という数字が「ペア」という意味を持つため、2万円はOKと考える方も増えてきているようです。また、同じように偶数の8も末広がりの意味を持つため縁起のいい数字とされています。逆に今でも決して使ってはいけないのが、4と9です。どちらも「死ぬ」「苦しむ」といったマイナスなイメージを連想させてしまうので、縁起の悪い数字と言われています。間違っても贈らないように気をつけましょう。

結婚式に行けない時のマナー

sample01

ちなみに結婚式の披露宴には呼ばれていない場合や、やむを得ず欠席する場合にも、マナーとして祝金やお祝いの品を贈りましょう。この場合、相場としては1万円、若い友人たちの場合は5千円ほどでOKです。ただ、5千円だけ贈るのは気が引けるという場合は、友人の希望に合わせて趣味の良いお祝いの品をプレゼントしても良いでしょう。