wedding-808958_960_720

主賓の適役

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 主賓の適役
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
主賓の適役結婚式マナー

主賓の選び方

sample01

結婚式の日取りも決まり、いよいよ準備の段階になると、いろいろと細かな疑問が出てくるものです。
新郎新婦の新たな門出ですから、できることなら誰の気分も害することなく気持ちよく行いたいものです。そこでまず、式には欠かせない主賓の役割と決め方について考えてみましょう。
結婚式・披露宴での主賓とは、招待したお客さまの中で一番のメインゲストのことをいいます。主には、ゲスト全員を代表して披露宴などで祝辞を述べるトップバッターの役割を果たします。

主賓の御願いは心をこめて

sample01

新郎と新婦側それぞれが挨拶をする場合もありますが、新郎側が挨拶を担当したら、新婦側には乾杯の挨拶をお願いするといった具合に、役割を分けるのが一般的です。主賓は披露宴でのトップバッターですから、誰にお願いするかで、式の雰囲気がかなり変わってきます。実際に挙式を挙げたカップルによると、会社の上司にお願いしたという人が最も多いことがわかります。
また、同じ会社の上司でも、できるだけ役職が上の方にお願いするのが礼儀なようです。その際にも、主催者側で勝手に決めてしまうのではなく、職場の同僚にも前もって意見を聞いておきましょう。
突然招待状を持って「お願いします」と頼むのはNGです。まずは本人に事前の了承を得てからにしましょう。また、親族中心の式を行う場合には、親族内で特にお世話になった年長の男性にお願いすることもあります。
新郎新婦を子供の頃から知っているので、幼少期のエピソードも交えて話してくれるでしょう。

先生は主賓に適任

sample01

身内ならではの心のこもった挨拶が期待できそうです。また、同じような理由から、自分たちをよく知ってくれている学校の恩師に祝辞をお願いするカップルもいます。
学生時代から結婚に至るまでの成長ぶりや、日頃の人柄などを中心とした祝辞が聞けそうです。
また、先生という職業柄、人前で話すのに慣れているため、変にプレッシャーを感じることなく、上手にこなしてくれそうです。
新郎新婦も安心してお祝いの言葉に集中できるでしょう。気を使うことも多い結婚式の準備ですが、これも一生に一度の思い出です。是非、気張りすぎず楽しみながら行ってください。