余興を成功させる

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 余興を成功させる
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
余興を成功させる結婚式マナー

感動的なスピーチは結婚式の印象に残ります

sample01

だれかの結婚式に参加して最も印象に残っているのは、新郎新婦の幸せそうな姿でしょうか。それとも、感動的なスピーチでしょうか。実は、途中の余興で思わず感動の涙がホロリ…ということも少なくありません。では、一体どんなものが式全体のお祝いムードを盛り上げ、より完成度の高い式に貢献するのでしょうか。

いいスピーチ、悪いスピーチ

sample01

まず、忌み言葉と呼ばれる「別れる」「切れる」といったお祝いの場面にふさわしくない言葉は、間違っても使わないように気をつけましょう。スピーチなどではとりわけ気をつけることと思いますが、余興の際に歌などを披露する場合にも要注意です。特に外国語の歌の歌詞に忌み言葉が使われていないか、また、歌のテーマが「別れ」や「失恋」といった縁起の悪いものではないかをしっかりチェックしましょう。せっかく猛練習して歌ったのに、曲自体に問題があったなんてことが後から分かったらとても残念です。
また、結婚式の規模が大きい場合、出席者の年齢層や立場なども事前にチェックしておきましょう。内輪だけで盛りあがっても、他の出席者たちには通じないものでは意味がありません。できれば出席者全員で新郎新婦をお祝いしている、そんな雰囲気に持っていけたらいいですね。また大切な点として、親族のリアクションも意識しましょう。内輪ネタの他に、下品な下ネタ、下世話なことは避けたいものです。幅広い年齢、階層の出席者が全員で安心して楽しめるものにしましょう。

余興で心に残る結婚式に

sample01

実際に式を挙げた花嫁たちの意見によると、ゲストに自分たちのことをもっと知ってもらえるような映像ネタや、家族のメンバーが登場するようなスライドショーなどが人気なようです。出席者はたいてい新郎か新婦どちらかの友人、知り合いです。ですから、双方のゲストが、結婚式を通して新郎新婦をよりよく理解できるようなものにできたらいいですね。また、新郎新婦を巻き込んだ形の上品なサプライズもお祝いの場を盛り上げます。友人たちの愛情が伝わって、本人たちだけでなく、ゲストも一緒に感動できます。
しかし、新郎新婦の結婚を心からお祝いしたいという気持ちがこもってこその余興です。まずは心の準備をしっかりしてから取り掛かりましょう。