d6b729e5996df425c9ba0c36c0135dca_m

祝辞を贈る

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 祝辞を贈る
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
祝辞を贈る結婚式マナー

いざというときのためのスピーチの知識

sample01

結婚式での祝辞、特に友人代表のスピーチを依頼されると、嬉しいと同時にかなりプレッシャーに感じるものです。親しい友人の大切な場でみんなの期待に応えられるように、スピーチ作りに役立つ知識をおさらいしておきましょう。

スピーチの聞き手はダレかを意識しよう

sample01

祝辞は書いて字のごとく、お祝いの言葉という意味があります。ですから、新郎新婦のお祝いとして、気持ちのこもった挨拶にしたいものです。明るいお祝いの場にふさわしく、笑いも少しはとりたいですが、あまり笑いに走りすぎてもいけません。笑いあり、感動ありの良いスピーチを作るためにまずすべきこととは一体何でしょうか。どんなスピーチをする時にも言えることですが、まず大切なのは聞き手が誰なのかを考えることです。もちろん結婚式のスピーチである以上、主な聞き手は新郎と新婦ですが、二人をお祝いするために駆けつけた大勢の出席者全員が聞き手になります。ですから友人代表のスピーチであるからといって、うちわだけで盛り上がるような内容にすることのないように気をつけましょう。その点を踏まえて、まずスピーチの初めで、新郎新婦と自分との関係性をわかりやすく伝えましょう。また、新郎新婦と両親に着席を促した後は、会場にいる諸先輩、年長の方への礼儀も忘れないように気をつけましょう。

聴き応えのあるスピーチを心がける

sample01

自己紹介が終わったらいよいよエピソードへと入りますが、基本的には、新郎新婦の長所を褒めることが話の中心となります。その際には、ぼんやりとした内容を多く語るのではなく、内容のある、聞き手の印象に深く残るような話し方をしましょう。女性であれば「優しい、家庭的、努力家、気配りができる、友達思い、笑顔が素敵」といった聞き手がイメージしやすい言葉を用いましょう。新郎新婦と親しければ親しいほど、良い思い出をすべて伝えたくなってしまいますが、短いスピーチの中にあまり多くを詰め込むとまとまりのないスピーチになってしまいます。エピソードは必ず1つにとどめましょう。
さて、いよいよ「結び」です。この善し悪しで、スピーチ全体のイメージが決まると言っても過言ではありません。短く、しかししっかりと心からのお祝いが伝わるような言葉を選びましょう。その際に気をつけたいのが忌み言葉です。新郎新婦の不幸を連想させるような縁起の悪い言葉、例えば「別れる」「切れる」といった言葉を決して使わないように気をつけましょう。もちろん、お祝いのスピーチで何よりも大切なのは、形式ではなく、新郎新婦への心からのお祝いの気持ちです。その気持ちが随所に溢れ出るような祝辞こそ、本当に良いお祝いのメッセージと言えるでしょう。