サプライズは絶対NG!余興をお願いする時に注意すべき事とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - サプライズは絶対NG!余興をお願いする時に注意すべき事とは?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
サプライズは絶対NG!余興をお願いする時に注意すべき事とは?結婚式マナー

結婚式の披露宴に花を添える余興。楽器演奏や歌、寸劇など素敵な演出があると、そのお祝いの気持ちが伝わって披露宴があたたかな雰囲気に包まれます。そんな余興を招待客にお願いする時、気を付けなければいけない点がある事をご存じでしょうか?「楽しみにしていて!」なんて申し出てくれる友人や同僚に感謝の気持ちでお任せ。といきたいところですが、生涯の思い出になる披露宴を無事終わらせたいのでしたら、「内容はサプライズ」というのは絶対にNGです。

かかる費用を負担したいのでなどと申し出て、内容はよく相談の上で行っていただきましょう。その際には、失礼にならないよう、かつハッキリと「して欲しくない事」はお伝えするのがベストです。楽器演奏や歌の場合によくある失敗としては、曲の1番は明るい結婚式向けの歌詞でも2番になると不倫や悲恋を連想させる曲を使ってしまう事があります。

特に外国の歌の場合は知っている方をびっくりさせてしまいますので、よく確認し避けてもらうようにしましょう。最近流行の新郎新婦生い立ち紹介映像は当日流す前にチェックさせて貰うと安心ですし、友達インタビューの場合には事前にインタビューする相手は決めておいて貰いインタビューされる方には言って欲しくない事なども併せてお伝えておくなどすると良いでしょう。

「なぜそこまで?」と不思議に思われる方もいらっしゃると思いますが、余興でせっかくの披露宴が台無しという事は、実はよくあるのです。例えば、「新郎の職場では、同僚が半裸で踊る余興が慣例だった」「マジックショーとだけ聞いていたが、火を使ったマジックに失敗してテーブルに燃え移った」「インタビュー形式の余興で過去の異性関係を暴露されてしまった」など、一生の思い出のはずが、悪夢の記念になってしまう事も。

そんな余興をする友人をもつ伴侶を信頼して新婚生活に踏み出すのも怖くなるかもしれません。結婚式の日を素晴らしい記念日にする為にも、気持ちよく新生活をスタートさせる為にも、くれぐれの余興の内容はしっかりチェックして、悔いのない披露宴を。

Published by