結婚式に「主賓」は必要?誰に、どう頼めばいいの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚式に「主賓」は必要?誰に、どう頼めばいいの?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚式に「主賓」は必要?誰に、どう頼めばいいの?結婚式マナー

そもそも何をする人なの?と不思議に思ったことのある方も多いと思いますが、主賓とは、招待客のなかで一番重要な方。招待客を代表する方の事。一般的には、主賓をお願いするという事は挨拶のスピーチもお願いするという意味になります。「でも、スピーチは要らないんだけど?」レストランウェディングや親族友人のみのお式など、アットホームな雰囲気の披露宴にする場合にはスピーチを省略という場合もありますよね。

そういった場合には、主賓をあえて頼まない結婚式にする事もできます。最近では、余興や友人挨拶のみの結婚式も増えており、新郎新婦と一緒に写真を撮ったり話をする時間が多くとれますので、親しい方達とあたたかい雰囲気のお式にしたいという方に向いています。しかし、会社の上司が出席される、新郎新婦のご両親の関係等で社会的地位の高い方が出席される場合には、主賓をたてないのは失礼になりますので、ご自分達の結婚式をどのようにプランニングするのか、新郎新婦やご親族とよく相談されると良いでしょう。

主賓をたてる事が決まったら、なるべく早めにお相手にお願いの連絡をします。基本的には、職場の方をお呼びするなら一番役職の高い方。その他、恩師やおじ様などにお願いするのが一般的です。手土産持参で直接伺うか電話でまずは主賓をお願いできるかお伺いし、その後招待状とは別に封書で主賓をお願いしたい旨を連絡しましょう。

この時、挨拶のスピーチをお願いするのか、乾杯の挨拶をお願いするのか、挨拶と乾杯両方をお願いするのかといった事を忘れずに書き添えてください。OKを頂いた場合には、できるだけ早めに式進行のどのあたりでお願いするのか、どういった事を話して欲しいのかという事もお伝えします。

お相手からスピーチの時間について確認される場合がありますが、「プランナーは、3分から5分程度が一般的と言っていました」など、自分たちの都合で目上の方の時間を区切っていると受け取られないような返答ができるとスマートです。格式高い披露宴にするならば主賓挨拶は必須。気持ちよく引き受けて頂けるよう、尊敬と熱意を持ってお願いしてください。

Published by