結婚式にふさわしい、袱紗を使ったご祝儀の渡し方

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚式にふさわしい、袱紗を使ったご祝儀の渡し方
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚式にふさわしい、袱紗を使ったご祝儀の渡し方結婚式マナー

結婚式で渡すご祝儀袋をそのままバッグに入れていませんか?袋のまま入れてしまうと、気付かないうちに袋が汚れてしまったり、端が折れてしまうことがあります。気持ちを込めた贈り物ですから、袱紗に包んでおきましょう。袱紗で包むということは、袋を汚さないためだけではなく、気をそのまま保つという意味があります。あなたの礼節を重んじるという心遣いを相手に示すことができるのです。

袱紗は元々、塵埃除けを目的に貴重品の入った箱ものの上に掛けられた風呂敷状のものでした。その後贈答品を運ぶ時の汚れや日焼け防止として使われるようになり、裏地付きの絹で作られるようになりました。そして、現在使われているような正方形の形になっていきました。現在、袱紗にはとめ爪のついた「爪付き袱紗」、内側に金封を留める台がついた「台付き袱紗」などの種類があります。

最近はたたむ手順を省くことができる封筒の形をした金封袱紗もあります。形はお好みで問題ありませんが、金封袱紗を慶事に使う場合は右開きのものを選んでください。左開きは弔事用です。また、袱紗は色に決まりがあり、暖色の明るい色は慶事用、寒色は弔事用になります。紫色だけはどちらでも使えるとされているので、初めて袱紗を持つ場合は、外側が紫色で中側が白色のものを持っておくと便利です。

袱紗で一番注意しなければならないことは、包み方と渡し方です。慶事の場合はご祝儀袋の表面を上にして袱紗の上にのせた後、四隅を左、上、下、右の順に折りたたみます。左側のはみ出した部分は内側に折ります。そして、渡す際は左手に袱紗を置き、右手で開いて取り出します。渡す相手にのし書きが見えるよう、時計回りに袋の向きをかえ、両手で渡します。せっかく袱紗を用意したのですから、マナーを覚えて失礼のない渡し方にしたいですね。

もちろん、「本日はおめでとうございます」など挨拶の言葉も忘れないように。袱紗は覚えなくてはならないことがあり、ハードルが高いと感じるかもしれません。ですが、言葉では表せない気持ちも包んでお渡しすると考え、あなたの気持ちを更に伝えていきましょう。

Published by