可愛いだけで選ぶのはNG!?ご祝儀袋のランクって?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 可愛いだけで選ぶのはNG!?ご祝儀袋のランクって?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
可愛いだけで選ぶのはNG!?ご祝儀袋のランクって?結婚式マナー

結婚式のお祝い、専用の袋に入れてお渡しするのがマナーという事は知らない方の方が少ないと思いますが、その袋に、格(ランク)があるってご存じでしたか?実は、ご祝儀袋は入れるお祝いの額や贈る相手によって変える必要があるんです。文具屋さんや雑貨屋さんで「可愛い!!」「こんな素敵な袋なら、きっと喜んでくれるはず」と選んでも、実はマナー違反という事も。では、どんな事に気を付けて選べばいいのでしょうか?

上司や目上の方へ贈るなら、伝統的なものを本来、ご祝儀袋は白いもの。カラフルな袋はお洒落に見えますが、目上の方に差し上げるのにはカジュアルになり過ぎ向きません。水引は、紅白もしくは金銀で、結び切りという形のものにします。蝶結びのほうが可愛らしく感じますが、簡単にほどいて結びなおす事のできる蝶結びは「何度もあって良い」とされる、出産や進学などのお祝い用。

結婚は一度のみというのが望ましいため、ほどけにくい結び切りの形が結婚祝い用となります。3万円までのお祝いでしたら、飾りがあまりついていないシンプルな物を選びます。鶴亀の飾りがはいっていたり、表書きがただの短冊ではなく壇紙といって紅白の紙が波のように織り込まれた飾りがついている物は、5万円以上の高額のお祝い用となります。親しい友人に贈るなら、個性あるものもOK親しいお友達に贈るなら、貴方のセンスを光らせた素敵なお祝いもできますね。

最近では、水引を花の形に編み込んだものや、造花の飾りのついたものなど、さまざまな可愛らしい袋が市販されています。そんななかでも特に注目を集めているのが、再利用できるエコな袋。通常、お祝いの袋は一度使ったら再利用する事はしませんが、せっかくお金を出して素敵な物をと選んでも、一度きりで仕舞われたり捨てられてしまうのは残念ですよね。そう感じる方に人気を集めている、ハンカチや手ぬぐいでできた袋をご存じでしょうか?

手ぬぐいやハンカチでできたご祝儀袋なら、最初の役目を終えた後もデイリーに使ってもらえますので、「これはあの人に貰ったお祝いのハンカチ」と、思い出に残る事間違いなしです。

Published by