結婚式の余興は、誰もが楽しめるものを心がけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚式の余興は、誰もが楽しめるものを心がけましょう。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚式の余興は、誰もが楽しめるものを心がけましょう。結婚式マナー

結婚式における余興は、式に呼ばれたゲストが、式を盛り上げるためのイベントですが、はしゃげば良いというものでもありません。内輪だけで伝わる話や練習不足な歌、NGワードなどもありますので、事前に打ち合わせを行い、誰もが楽しめるものにしましょう。

《縁起の悪い言葉は避けたものにしてください》
例えば、コントや演劇のようなものを披露するとしたら、結婚式ではあまり縁起が良くない言葉や内容のものは避けてください。別れるや切れる、下品な言葉、内輪でしか分からないネタなどは、親戚や会社の方もいる中では不適切です。事前に原稿をチェックしたうえで、新郎新婦と確認を行うのも良いかもしれません。いくら楽しい内容になっていたとしても、一部の人にしか分からない内容ではいけません。会場の方すべてが楽しんでいただけるものにしましょう。当然、新郎新婦が主役ですので、お二人の結婚生活を応援するといった内容がふさわしいでしょう。
《完成度の高いものを目指しましょう》
余興といえど、あまりに稚拙な内容では、会場は白けてしまいます。下手に恥ずかしがったり、遠慮がちではかえって見苦しくなってしまいます。そのためにも、歌や劇であれば、事前に相当な練習を行いましょう。練習によって完成度を高めて、会場の方が満足できるものを目指しましょう。しかし、そうはいっても何よりも新郎新婦のためのイベントですので、2人を祝う気持ちを持って臨めば自然と良いものが出来上がるものと思います。

《時間はほどほどに》
明確に何分くらいと決まったものではありませんが、披露宴自体が2時間半から3時間ほどですから、その時間を考えると長くても20分ほどでしょうか。新郎新婦の挨拶回りや歓談の時間もありますし、撮影などもあり、意外と時間は限られていますから、当日になって慌てないように事前に打ち合わせして、進行の妨げとならないように気をつけましょう。楽しさのあまりのついつい時間を忘れて話しすぎたりすることも少なくないと思うので、時間の目安がはっきりとしづらいコントや演劇は、事前にビデオなどでまとめておくと進行もスムーズに行えると思います。もちろん、その場で歌ったり演奏したりというのもありですが、舞台慣れしていない不安がある方は、避けたほうが良いかもしれません。何よりも新郎新婦に喜んでもらえるイベントとしたいですね。

Published by