結婚式の主賓をお願いする時のマナー

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚式の主賓をお願いする時のマナー
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚式の主賓をお願いする時のマナー結婚式マナー

結婚式で、祝辞を述べることになる主賓は、そう安請け合いできるものではありませんので、依頼は、ぜひ行ってもらいたいという気持ちも大切ですが、快く引き受けていただけるよう、誠心誠意依頼しましょう。式に参加していただくのはもちろんですが、当日の段取りなどをあらかじめ伝えておかないと、式当日に混乱することもありますので大切なことです。

《主賓はゲストの代表者》
ゲストを代表してもらうわけですから、様々な負担をかけることとなりますが、中でも祝辞を行っていただくうえで、新郎新婦の事をよく知る方にお願いしましょう。会社の上司や学生時代の恩師、仲の良い友人や親戚でも構いません。多くの場合は新郎の上司ということが多いのですが、新婦も会社勤めであった場合、上司2人にお願いする場合もあります。1人には祝辞を述べていただき、1人には乾杯の音頭を依頼するという形も珍しくありません。誰に依頼するか、大切なことですので慎重に決めましょう。ぜひお願いしたいという気持ちが伝われば、素敵な挨拶をいただけることと思います。

《依頼は直接行いましょう》
結婚式の招待状と同じように郵送とは行きません。依頼する相手には、結婚式に出席してもらえるようお願いすること、主賓を引き受けてもらえるかを直接依頼します。遠方の親戚などであれば仕方ありませんが、依頼をするうえで、ぜひやっていただきたい旨を直接伝えることが大切です。まず、結婚する旨を伝え、ゲスト代表として式当日に祝辞をいただきたい旨、式のタイムテーブルなどを相談し、後日、招待状を送ります。また、お礼としてお車代をお渡しすることも忘れてはいけません。

名目は交通費ですが、祝辞や乾杯の挨拶をしていただいたことに対するお礼ですので、最低でも1万円は包みましょう。人目につく場所で直接渡すのも失礼に当たりますので、渡し方も重要です。事前に受付の方にお車代を預け、その人が記帳して、受付を離れたところで渡してもらうというのがスマートです。また、披露宴が始まる前に両親にお願いして渡してもらうのも良いでしょう。あまり人目につかないように、お渡しできるよう心がけてください。

Published by