記憶に残る余興を

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 記憶に残る余興を
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
記憶に残る余興を結婚式マナー

今まで様々な結婚式に行かれたことがあるかもしれません。新郎新婦は早い段階から準備して時間も労力もかけているわけですから、招待客、特に親族としては、本当に素敵な一日、思い出に残るようなものとなってほしいと願うのではないでしょうか。しかし、その素敵な一日を感動させたり記憶に残るものにしたり、逆に台無しにしてしまうのが、余興なのです。

花嫁花婿を困らせないために、また縁起の悪いものとしないためにも、「忌み言葉」の使用は避けるべきです。忌み言葉とは、別れる、切れる、壊れるなどの結婚にとってマイナスのイメージをわかせる言葉のことです。特に歌を披露したいと思う場合、またBGMに使う曲を選ぶ際には、英語の歌、もしくは外国語の歌を選曲するかもしれません。

意味もわからずに単に曲が好きだからということで選ぶと、実は別れの曲だったり、失恋の曲だったりする場合がありますので注意しましょう。もちろん下ネタもいけません。受けると思って下ネタを使う人もいるのですが、結婚式は飲み会や普段の集まりとは違い、様々な方面から招待客が出席しており、友達の振る舞い、印象がそのまま新郎新婦の印象につながりかねません。

楽しい雰囲気で執り行うことも重要ですが、厳かに整然と行うという部分も忘れないようにするのは大事ですね。またあまりにも内輪ネタの余興も避けるべきです、一部の人にとっては背景などがわかり、楽しいかもしれませんが、ゲストは年齢層や社会的立場など様々な人がいるので、全ての出席者が楽しめる出し物が一番です。

そして特に気をつけなければいけないのが、時間です。どれだけ一生懸命準備しても、大幅に時間をオーバーしてしまえば、式全体の進行を阻んでしまいます。結婚式で余興を頼まれたなら、これから結婚する新郎、新婦のことをよく考えて、ネットなどでどんな出し物が喜ばれているのかなど調べてみましょう。一生懸命に準備すればその思いは伝わるでしょう。

Published by