主賓選びは早めにする

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 主賓選びは早めにする
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
主賓選びは早めにする結婚式マナー

自分の一番幸せな瞬間に、今までお世話になった方、大事な友人、また仕事の仲間に同じ時間を過ごしてほしいと思うのは、新郎新婦の願いではないでしょうか。付き合いや体面などもありますし、呼びたい人数を呼んでしまえば、予算オーバーなどにもなりかねませんので、誰を招待するかは慎重に決めていく必要があるのではないでしょうか。招待客の中でもメインゲストとなる主賓を誰にするか新郎、新婦は悩むところです。

このメインゲストとなる人の役割は、大抵の場合新郎側、そして新婦側の両方選びます。すべての招待客を代表して、一番最初に祝辞を述べるのですが、挨拶と乾杯の音頭の役割をわけて、それぞれ頼むことも多いようです。大体の場合会社の同僚を招待する場合、会社の上司がその役割を果たしますし、家族中心であればおじさんにお願いすることが多いようです。上司を何人か招待かしている場合には、役職が一番上の人にお願いしましょう。

しかし主賓を選ぶ際には招待状を渡す際に急に頼むということは避けましょう。大冊な役割のため、急に言われたほうは驚いてしまいますし、そのような役割が苦手な人は断る可能性も増えてきます。一番お世話になった上司に頼みたいと思うかもしれませんが、役職などもあるためまずは職場の人と相談して、適当な上司が誰なのか決めましょう。

そして事前に遠方の方などは電話で依頼できますが、顔を合わせることができる方であれば、直接頼み、受け入れてくださるなら招待状も直接手渡しがベストです。そして、単に招待するだけでは終わりません。お礼も忘れずにしましょう。主賓の方には、「御車代」」といって、だいたい1万円程度渡すのがいいと言われています。

結婚式当日に受付を済まされた後、家族を通して挨拶の際に渡すのが良いでしょう。この流れは早いうちから始めることで、結婚式を円滑に執り行うことができます。素敵な一日になるために準備は怠らないようにしましょう。

Published by