祝福の気持ちを祝辞に込める

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 祝福の気持ちを祝辞に込める
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
祝福の気持ちを祝辞に込める結婚式マナー

結婚式に招待されるとうれしいものですが、祝辞などのスピーチをお願いされると一気に緊張して、どうやってすればいいのか緊張してしまうかもしれません。もちろんスピーチを頼まれたなら、快く受けるのがマナーといえます。しかし結婚する相手との関係によって話す内容や気をつけることが違ってきます。

例えば友人での結婚式でお祝いのスピーチをする際には、親しいからといってあまりにも砕けた言葉遣いを使い過ぎないようにしましょう。友人の新郎、または新婦には普段の言葉遣いでいいかもしれませんが、相手の人に対しては敬語で話すようにするといいでしょう。

話す内容に共有する思い出や記憶に残る事柄を含めるならば親しいということを強調できますが、あまりにも個人的な内容やきまりの悪い思いをさせないようにしましょう。また同僚の場合は仕事ぶりや人となりに関して触れることができますが、ここでも仕事の失敗やブラックユーモアなどは極力させていきます。

部下が結婚する場合には仕事上で頼りない部分や仕事上でトラブルがあったことなど、よく知っていると思いますが、マイナスイメージに繋がる話ではなく、新郎、もしくは新婦の頑張りなどを評価する温かさを醸し出せれば、聞いている人も安心できます。もちろん自分の自慢話や下品な冗談などは避けなければいけません。

人前で話すということにほとんどの人は慣れていないため、本番になると緊張のせいで焦ってしまい早口になったり、どもってしまうこともよくあります。しかし焦って早口になるとせっかくの考えた内容が伝わらないので、本番前は友人や家族の前で何度か練習して、本番は自分が思っているよりもゆっくり話すといいでしょう。

結婚式は結婚する当事者にとって、人生で一度の晴れ舞台となります。祝辞は心もこもったもの、そして祝福したいというものを一生懸命考えれば、たとえ下手だとしても気持ちは伝わるものです。思いやりの心を持って取り組んでいきましょう。

Published by