ご祝儀を渡す際に気をつけること

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ご祝儀を渡す際に気をつけること
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ご祝儀を渡す際に気をつけること結婚式マナー

二人の新たな門出を祝うため、目に見えるものでお祝いしたいという現れであるご祝儀ですが、意外とどれくらいも金額を包めばいいのか、またどういった物に包めばいいのか知らない場合があります。包む金額の相場は身内以外では3万円とされています。

これは結婚式や披露宴で提供されるお料理などの単価が平均で1万円から2万円と言われており、その代金プラス1万円をお祝い金として渡すという感覚です。しかし、お祝儀袋に入れてはいけない数字の金額があることを忘れては行けません。それは偶数の数字です。偶数の数字は割りきれてしまうので、離婚や別居を連想させて縁起の悪い数字とみなされています。

しかし最近で偶数でも2はペア、8は末広がりの意味があると言われて、お祝いとして送ってもいいと言われているようです。そして絶対にダメなのが「死ぬ」「苦しむ」につながる4,9。かなり古い考えですが、それでもお祝いの出来ではできるだけ縁起の悪い者は避けておいたほうがいいでしょう。

そして結婚式に呼ばれていないとき、もしくは何かしらの理由で出席できないという場合でも近しい人、または親族にはお祝い金を送るのが礼儀となっています。その際には若い人なら5千円、それ以外であれば1万円程度であれば常識の範囲内と言えるでしょう。もちろんそれ以上して悪いということはありません。

またご祝儀袋ですが、意外と知られていませんが、中身にあった袋を選ぶ必要があるのです。大体包む金額の1%相当の袋を選ぶのが通常で、2万円程度なら100円から200円のお手頃の物を選ぶことができますが、中の金額が大きければ大きいほどゴージャスな袋を選びましょう。

また表書きは毛筆、筆ペン、サインペンなどを使用して、万年筆やボールペンはしつれいになることを忘れてはいけません。結婚式に呼ばれる側も様々なマナーに気をつけていかなければいけませんが、これができたら 立派な社会人になったと言えるでしょう。

Published by