どう選ぶ?結婚式の主賓

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - どう選ぶ?結婚式の主賓
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
どう選ぶ?結婚式の主賓結婚式マナー

結婚式における主賓を選び、また依頼するのは実はとてもデリケートな作業です。他のゲストとの兼ね合いもありますし、依頼しても断られてしまう可能性を考えると、どんなことが起きてもいいよう幾通りも準備しておく必要があります。ここでは、案外むずかしい主賓の選び方ついて説明したいと思います。

そもそも主賓というのは、結婚式のメインゲスト、もっともたいせつなお客さまという意味です。最初に祝辞を述べたり、乾杯の音頭をとったりと、全てのゲストを代表するような存在です。もちろん新郎新婦にとってたいせつな人、尊敬できる人に頼むのがベストですが、友人や職場の人たちなど多くの人を呼ぶ場合には様々な慣習に沿う必要があります。一番一般的なのが、その場にいるお客さまのなかで一番社会的な地位が高い人を選ぶこと。

当然そのケースに当てはまらない場合もありますが、基本的には自分の上司を選ぶのが普通です。例えば職場の上司を何人か招待した場合には、そのなかで一番上の役職の人に頼めば問題はありません。職場のなかで直属の上司を選ぶことなど、慣例がある場合はそちらにしたがいます。また、周囲とのバランスがとれるなら、自分が直接お世話になった上司に頼むのも良いでしょう。

そういった場合には、部署が変わったり片方が異動になったりということが重なると以前の上司と現在の上司のあいだが険悪になってしまうこともあるので、どちらをたてるべきかよく見極めて依頼することが重要です。社会人になって日が浅いうちに結婚したり、上司との付き合いがみじかいというときには、学生時代の恩師と呼べる先生に頼むのも良いでしょう。

若い人なら特に学生時代にお世話になった存在のほうが身近に感じられるでしょうし、職場とは関係ない部分で選べば、どの上司に頼むかで迷うよりもスムーズに事が働くこともあります。職場の人などは呼ばず、身内だけで式を挙げる場合には特に親しい親戚や年長の人に頼むのが一般的です。親しい人だけを集めたパーティーでなら友人に頼むのも、気取らず楽しい披露宴の雰囲気をつくれるのでおすすめです。

Published by