金額、マナー……ご祝儀のお作法について

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 金額、マナー……ご祝儀のお作法について
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
金額、マナー……ご祝儀のお作法について結婚式マナー

大人になれば、身内だけではなく友人や職場の人の結婚式に参加する機会も増えますよね。服装や身だしなみなどのマナーもたいせつですが、意外と知らないのはご祝儀について。金額の決め方や御祝儀袋の用意の仕方についてご紹介したいと思います。まずは金額の相場ですが、身内以外であれば概ね3万円が基準となっています。

披露宴で提供される食事がおおよそ1万円から2万円ほど、それに引き出物の分も合わせると3万円ほどが自然な相場となります。身内の場合は、いつも決まった金額を用意するよりも、常日頃の付き合いの深さを意識してそのときどきで少しずつ変化をもたせると良いでしょう。とはいえ、金額は年齢によっても大きく左右されます。年齢を重ねて若い人たちよりも多くのお給料を貰っている人たちと、就職してまもなく、手取りもまだ少ない若者との間には金額の差があるのが当たり前。

若い人はあまり無理をせず、年齢を重ねた方は少し奮発する、くらいが理想かも知れません。また、年代によらずご結婚される方々との親しさも金額を決めるポイントのひとつ。親しく、結婚を祝う気持ちを特に強く表現したいという方は、相場の3万円にその気持ちを上乗せして5万円程度を包むと良いでしょう。2で割り切れる偶数は別れをイメージさせてしまうため、奇数の金額を包むのが良いとされているので、3万円から増やすときは4万円ではなく5万円にするのがベストです。

ただ、最近では2万円は「ペア」を連想させ、夫婦をイメージさせるので、失礼な数字にはあたらないとする考え方が一般的です。友人に贈る金額としても若い人にはちょうど良いくらいの額ですので、3万円では少し厳しいという方は2万円でも問題ありません。逆に、絶対にNGとされているのは4万円や9万円といった、4や9が入っている数字です。

縁起の悪い言葉を語呂から連想させるので、こういった数字は控えるようにしましょう。そのご祝儀を入れる御祝儀袋は、包む金額の1%程度の値段のものを選ぶのが一般的です。金額が上がれば御祝儀袋自体もそれに見合うようクラスアップさせていかなければいけません。きれいだから、素敵だからといって中身に見合わず高級な御祝儀袋にしてしまうことがないように気をつけましょう。

Published by