たかが余興、されど余興

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - たかが余興、されど余興
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
たかが余興、されど余興結婚式マナー

結婚式で行われる余興。式を盛り上げる上では地味に重要な役割を果たすために、演出として非常に重要です。結婚式は幸せな夫婦を祝福するための儀式ですから、盛り上げるタイミングで盛り上がりたいところ。機運が高まればそれ以降の運びもスムーズに進みますし、来賓者の気分も盛り上がります。来てくれたゲストに「来てよかった」と思っていただたくためにも、欠かせないイベントです。ここでは、そんな結婚式の余興を成功させるためのコツをいくつか紹介します。

★参加者全員が共感できる内容のものにする例えば、20代の男女が結婚するとして、20代の参加者だけにしか理解できないような内容の余興は禁物です。ゲストの中には高齢の方もいますし、その方が主賓を務める場合もありえます。一部の人が興ざめてしまうような内容にしてしまうと、その後の式の進行に差し支える可能性がありますから、そういった内容にはならないようにくれぐれも気を付けましょう。

★下品な内容は厳禁言うまでもないことですが、下ネタはもちろん、式の雰囲気に合わないようなことはしないのがセオリーです。式の序盤で行うものですから、ここで雰囲気を損ねてしまうと、ズルズルとその空気を引きずってしまう可能性があり、非常に危険です。

★練習はしっかりと何をやるにしても事前の練習・打ち合わせはきちんと行うようにしましょう。内容はもちろん重要ですが、それを自信をもって堂々と行うのとそうでないのとでは印象がまるで違ってきます。ある種の三枚目的な立ち位置ですから、あまり堂々とし過ぎていてもそれはそれでおかしなことになるかもしれませんが、式の雰囲気をしっかりと盛り上げるためにも、やると決めたものはきちんと質の高いものに仕上げたうえで、当日に備えるようにしましょう。結婚式での余興は、主賓のスピーチほどの重要性やプレッシャーはないかもしれません。ですが、たかが余興と言って侮ってしまえば、それは新郎新婦の一生に一度しかない結婚式を台無しにしてしまいかねません。ですから、もし任命されたのであれば、それを忘れないように気を付けましょう。

Published by