主賓の品格

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 主賓の品格
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
主賓の品格結婚式マナー

結婚式に招くゲストの中でも特別なのが「主賓」です。他のゲストとは違い、自分たちにとっても特に重要なゲストである主賓。実際、主賓にはどのような人を指名して、また、どのようなことをお願いする必要があるのでしょうか。ここでは、結婚式における主賓の役割について概説します。?主賓とはそもそも、自分たちにとって特に大切なゲストのことを「主賓」と呼びます。

新郎・新婦の側から一人ずつ選出され、招待状を送った時点で、相手方に主賓を務めることをお願いし、相手もそれを了承します。選出する基準としては、自分にとってかなり親しい知人であったり、あるいは仕事先の上司にお願いすることもあります。招待する上司が複数いる場合には、その中で最も地位が高い上司にお願いするのが基本です。?主賓の役割主賓の役割としては、当日の式中での祝辞のスピーチが挙げられます。

スピーチを述べる人はほかにも何人かいるかもしれませんが、主賓のスピーチという建前上、他の人よりも内容の濃いスピーチが要求されます。また、その分周囲の注目や、式の印象、雰囲気などに関わりますから、非常に重要な役割です。また、乾杯の音頭をとるのも主賓である場合があります。

最も、これの場合は主賓の他の準主賓というのを指名して、その人のお願いする場合もあります。あるいは、主賓を双方から二人出した場合、新郎側の主賓がスピーチを、新婦側の主賓が乾杯の音頭をとるということもあります。この辺りは主催者(つまり新郎新婦)側の自由でもありますから、事前にプランナーと相談をして、きちんと段取りをつけておくところです。

どちらにしても、乾杯の音頭は誰かにとってもらう必要があるので、その人には招待状を送る段階で、そのことを告げておく必要があります。?結婚式後式後には、主賓をつとめていただいた方にはきちんとお礼を言いましょう。また、お礼を渡す必要がありますから、1万円ほど包んでお渡しするのが一般的です(この場合、このお金は形式上「お車代」ということになります)。

職場などで直接お礼を言う機会が無かったとしても、後日お礼の手紙を送るなどして、感謝の意を伝えるのを忘れないようにしましょう。

Published by