ご祝儀はいくら?気持ちの大きさで金額も変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ご祝儀はいくら?気持ちの大きさで金額も変わる
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ご祝儀はいくら?気持ちの大きさで金額も変わる結婚式マナー

結婚式に招かれた時、悩んでしまうのは祝儀の金額。袋の縛り方などでも悩みますが、やはり「人と比べてどのくらい入れてるのか?」というのは気になるところ。他の人がどのくらい入れているのか聞くのも失礼な気がしますし、客観的な基準と言われてもなんとも言えない部分があります。

「祝う」という感情に絶対的な尺度は存在しないからです。とはいえ、年齢や新郎新婦との関係などによって、ある程度の相場が存在するのも事実です。ゲストの年代例えば、あなたが招かれたゲストであれば、まずは自身の年齢によってご祝儀の金額が変わってきます。具体的な相場を挙げれば、20代の方であれば2万円から3万円、30代・40代の方であれば3万から5万円ほどになるのが一般的です。

新郎・新婦との関係性あなた自身が新郎・新婦とどのような関係にあるのか、ということによっても変わってきます。より具体的な基準としては、あなたが「血縁なのかどうか」で変わってきます。関係性が、友人や知人、あるいは会社の同僚・部下・上司、取引先関係の人と言った場合であれば、祝儀の金額はそれほど変動しません。結婚式に招く一般的なゲストの、一般的な祝儀を包めば問題はないでしょう。ですが、兄弟・姉妹など、血縁関係が入ってくると関係は変わってきます。

基本的には、新郎・新婦のどちらかと血縁関係にある場合は、祝儀を1万円から2万円ほど多めに入れるようにしましょう。要するに、祝儀というのは「祝福の気持ちを表したもの」となりますから、新郎・新婦とより親しいもの、近しいものほどその気持ちは大きくなるわけです。したがって、それに応じて祝儀の額も変わってくる、という理由があることを理解しておくといいかもしれません。また、欠席した場合には、出席した際に包むはずだった額の三分の一くらいの額を入れるようにしましょう。

これは、祝儀の額から当日の食事代などを差し引いた金額になります。欠席するのはやむを得ない部分もありますが、そういう場合であっても、礼を失さないために祝儀を贈るのは忘れないようにしましょう。

Published by