記憶に残る余興を

今まで様々な結婚式に行かれたことがあるかもしれません。新郎新婦は早い段階から準備して時間も労力もかけているわけですから、招待客、特に親族としては、本当に素敵な一日、思い出に残るようなものとなってほしいと願うのではないでしょうか。しかし、その素敵な一日を感動させたり記憶に残るものにしたり、逆に台無しにしてしまうのが、余興なのです。

花嫁花婿を困らせないために、また縁起の悪いものとしないためにも、「忌み言葉」の使用は避けるべきです。忌み言葉とは、別れる、切れる、壊れるなどの結婚にとってマイナスのイメージをわかせる言葉のことです。特に歌を披露したいと思う場合、またBGMに使う曲を選ぶ際には、英語の歌、もしくは外国語の歌を選曲するかもしれません。

意味もわからずに単に曲が好きだからということで選ぶと、実は別れの曲だったり、失恋の曲だったりする場合がありますので注意しましょう。もちろん下ネタもいけません。受けると思って下ネタを使う人もいるのですが、結婚式は飲み会や普段の集まりとは違い、様々な方面から招待客が出席しており、友達の振る舞い、印象がそのまま新郎新婦の印象につながりかねません。

楽しい雰囲気で執り行うことも重要ですが、厳かに整然と行うという部分も忘れないようにするのは大事ですね。またあまりにも内輪ネタの余興も避けるべきです、一部の人にとっては背景などがわかり、楽しいかもしれませんが、ゲストは年齢層や社会的立場など様々な人がいるので、全ての出席者が楽しめる出し物が一番です。

そして特に気をつけなければいけないのが、時間です。どれだけ一生懸命準備しても、大幅に時間をオーバーしてしまえば、式全体の進行を阻んでしまいます。結婚式で余興を頼まれたなら、これから結婚する新郎、新婦のことをよく考えて、ネットなどでどんな出し物が喜ばれているのかなど調べてみましょう。一生懸命に準備すればその思いは伝わるでしょう。

主賓選びは早めにする

自分の一番幸せな瞬間に、今までお世話になった方、大事な友人、また仕事の仲間に同じ時間を過ごしてほしいと思うのは、新郎新婦の願いではないでしょうか。付き合いや体面などもありますし、呼びたい人数を呼んでしまえば、予算オーバーなどにもなりかねませんので、誰を招待するかは慎重に決めていく必要があるのではないでしょうか。招待客の中でもメインゲストとなる主賓を誰にするか新郎、新婦は悩むところです。

このメインゲストとなる人の役割は、大抵の場合新郎側、そして新婦側の両方選びます。すべての招待客を代表して、一番最初に祝辞を述べるのですが、挨拶と乾杯の音頭の役割をわけて、それぞれ頼むことも多いようです。大体の場合会社の同僚を招待する場合、会社の上司がその役割を果たしますし、家族中心であればおじさんにお願いすることが多いようです。上司を何人か招待かしている場合には、役職が一番上の人にお願いしましょう。

しかし主賓を選ぶ際には招待状を渡す際に急に頼むということは避けましょう。大冊な役割のため、急に言われたほうは驚いてしまいますし、そのような役割が苦手な人は断る可能性も増えてきます。一番お世話になった上司に頼みたいと思うかもしれませんが、役職などもあるためまずは職場の人と相談して、適当な上司が誰なのか決めましょう。

そして事前に遠方の方などは電話で依頼できますが、顔を合わせることができる方であれば、直接頼み、受け入れてくださるなら招待状も直接手渡しがベストです。そして、単に招待するだけでは終わりません。お礼も忘れずにしましょう。主賓の方には、「御車代」」といって、だいたい1万円程度渡すのがいいと言われています。

結婚式当日に受付を済まされた後、家族を通して挨拶の際に渡すのが良いでしょう。この流れは早いうちから始めることで、結婚式を円滑に執り行うことができます。素敵な一日になるために準備は怠らないようにしましょう。

祝福の気持ちを祝辞に込める

結婚式に招待されるとうれしいものですが、祝辞などのスピーチをお願いされると一気に緊張して、どうやってすればいいのか緊張してしまうかもしれません。もちろんスピーチを頼まれたなら、快く受けるのがマナーといえます。しかし結婚する相手との関係によって話す内容や気をつけることが違ってきます。

例えば友人での結婚式でお祝いのスピーチをする際には、親しいからといってあまりにも砕けた言葉遣いを使い過ぎないようにしましょう。友人の新郎、または新婦には普段の言葉遣いでいいかもしれませんが、相手の人に対しては敬語で話すようにするといいでしょう。

話す内容に共有する思い出や記憶に残る事柄を含めるならば親しいということを強調できますが、あまりにも個人的な内容やきまりの悪い思いをさせないようにしましょう。また同僚の場合は仕事ぶりや人となりに関して触れることができますが、ここでも仕事の失敗やブラックユーモアなどは極力させていきます。

部下が結婚する場合には仕事上で頼りない部分や仕事上でトラブルがあったことなど、よく知っていると思いますが、マイナスイメージに繋がる話ではなく、新郎、もしくは新婦の頑張りなどを評価する温かさを醸し出せれば、聞いている人も安心できます。もちろん自分の自慢話や下品な冗談などは避けなければいけません。

人前で話すということにほとんどの人は慣れていないため、本番になると緊張のせいで焦ってしまい早口になったり、どもってしまうこともよくあります。しかし焦って早口になるとせっかくの考えた内容が伝わらないので、本番前は友人や家族の前で何度か練習して、本番は自分が思っているよりもゆっくり話すといいでしょう。

結婚式は結婚する当事者にとって、人生で一度の晴れ舞台となります。祝辞は心もこもったもの、そして祝福したいというものを一生懸命考えれば、たとえ下手だとしても気持ちは伝わるものです。思いやりの心を持って取り組んでいきましょう。

ご祝儀を渡す際に気をつけること

二人の新たな門出を祝うため、目に見えるものでお祝いしたいという現れであるご祝儀ですが、意外とどれくらいも金額を包めばいいのか、またどういった物に包めばいいのか知らない場合があります。包む金額の相場は身内以外では3万円とされています。

これは結婚式や披露宴で提供されるお料理などの単価が平均で1万円から2万円と言われており、その代金プラス1万円をお祝い金として渡すという感覚です。しかし、お祝儀袋に入れてはいけない数字の金額があることを忘れては行けません。それは偶数の数字です。偶数の数字は割りきれてしまうので、離婚や別居を連想させて縁起の悪い数字とみなされています。

しかし最近で偶数でも2はペア、8は末広がりの意味があると言われて、お祝いとして送ってもいいと言われているようです。そして絶対にダメなのが「死ぬ」「苦しむ」につながる4,9。かなり古い考えですが、それでもお祝いの出来ではできるだけ縁起の悪い者は避けておいたほうがいいでしょう。

そして結婚式に呼ばれていないとき、もしくは何かしらの理由で出席できないという場合でも近しい人、または親族にはお祝い金を送るのが礼儀となっています。その際には若い人なら5千円、それ以外であれば1万円程度であれば常識の範囲内と言えるでしょう。もちろんそれ以上して悪いということはありません。

またご祝儀袋ですが、意外と知られていませんが、中身にあった袋を選ぶ必要があるのです。大体包む金額の1%相当の袋を選ぶのが通常で、2万円程度なら100円から200円のお手頃の物を選ぶことができますが、中の金額が大きければ大きいほどゴージャスな袋を選びましょう。

また表書きは毛筆、筆ペン、サインペンなどを使用して、万年筆やボールペンはしつれいになることを忘れてはいけません。結婚式に呼ばれる側も様々なマナーに気をつけていかなければいけませんが、これができたら 立派な社会人になったと言えるでしょう。