結婚式の余興、準備するときのポイントは?

友人や親戚の結婚式では、余興を頼まれることもありますよね。親しい人たちだけを集めた式なら別ですが、たいていの場合は新郎新婦の職場の人たちやたくさんの親戚も出席しているもの。余興とかんたんに言っても、身内ネタばかりにはせず、しかし新郎新婦を中心としたものにするのは案外むずかしいことのはずです。

そこで、今回は結婚式で行うと新郎新婦にもゲストにも喜ばれるためにはどんな準備をしたらいいかをご紹介したいと思います。まず必ず避けたいのは、別れる・切れるなど、破局をイメージさせるような言葉。失恋ソングなども使用しないようにしましょう。

特に英語の歌などは歌詞の詳しい意味を知らずに聴いている場合も多いと思いますから、事前に歌詞の内容をチェックしておくのがたいせつです。また、新郎新婦の親族や職場の上司がたくさん集まっていることを考慮し、あまりにも下品なものも避けるようにしましょう。もうひとつ注意したいのが、内輪ネタを避けるということ。

友人たちの年齢はほぼおなじ年代でかたまっているでしょうが、親戚一同や職場関係者などはその限りではありません。年齢のギャップにも関係なく、全員が楽しめるものを用意するようにしましょう。内容については、規定の時間ないにおさめるというのもたいせつなポイント。

披露宴というのは全体のタイムテーブルが細かく決まっているものですから、その進行に影響を与えるほどにみじかすぎたり長すぎたりといったことがないよう、事前にどれくらいの持ち時間があるのかをしっかり確認しておくのも重要です。

また、他にも大勢の人が見ているとはいえ、新郎新婦が喜んでくれるのが第一ですから、ふたりを中心にしたイベントにするのが一番です。サプライズを演出するのも良いですし、映像や写真などで思い出を振り返るようなときにも新郎新婦を中心にしておけば出席している全員がある程度楽しむことができます。最後に、ダンスや歌などを披露する場合のポイントですが、練習はなるべくたくさんして羞恥心を捨てて堂々とこなすのがコツです。上手にはできなかったとしても、がんばっている姿勢が見えればみんな感動しますし、新郎新婦のために一生懸命準備した姿にはみんな喜んでくれるはずです。

どう選ぶ?結婚式の主賓

結婚式における主賓を選び、また依頼するのは実はとてもデリケートな作業です。他のゲストとの兼ね合いもありますし、依頼しても断られてしまう可能性を考えると、どんなことが起きてもいいよう幾通りも準備しておく必要があります。ここでは、案外むずかしい主賓の選び方ついて説明したいと思います。

そもそも主賓というのは、結婚式のメインゲスト、もっともたいせつなお客さまという意味です。最初に祝辞を述べたり、乾杯の音頭をとったりと、全てのゲストを代表するような存在です。もちろん新郎新婦にとってたいせつな人、尊敬できる人に頼むのがベストですが、友人や職場の人たちなど多くの人を呼ぶ場合には様々な慣習に沿う必要があります。一番一般的なのが、その場にいるお客さまのなかで一番社会的な地位が高い人を選ぶこと。

当然そのケースに当てはまらない場合もありますが、基本的には自分の上司を選ぶのが普通です。例えば職場の上司を何人か招待した場合には、そのなかで一番上の役職の人に頼めば問題はありません。職場のなかで直属の上司を選ぶことなど、慣例がある場合はそちらにしたがいます。また、周囲とのバランスがとれるなら、自分が直接お世話になった上司に頼むのも良いでしょう。

そういった場合には、部署が変わったり片方が異動になったりということが重なると以前の上司と現在の上司のあいだが険悪になってしまうこともあるので、どちらをたてるべきかよく見極めて依頼することが重要です。社会人になって日が浅いうちに結婚したり、上司との付き合いがみじかいというときには、学生時代の恩師と呼べる先生に頼むのも良いでしょう。

若い人なら特に学生時代にお世話になった存在のほうが身近に感じられるでしょうし、職場とは関係ない部分で選べば、どの上司に頼むかで迷うよりもスムーズに事が働くこともあります。職場の人などは呼ばず、身内だけで式を挙げる場合には特に親しい親戚や年長の人に頼むのが一般的です。親しい人だけを集めたパーティーでなら友人に頼むのも、気取らず楽しい披露宴の雰囲気をつくれるのでおすすめです。

結婚式の祝辞を用意するときに気をつけたいこと

職場の部下や後輩、親しい友人などの結婚式では、祝辞を読むよう頼まれることがあります。いくら気の置けない親しい人の結婚式とはいえ、そこには直接の知り合いではない人も多くいますから礼儀の面でもバランスがむずかしいですし、特有のマナーも細かくなかなか把握しきれないことも多いでしょう。

祝辞の文章を考える上でのポイントや聞いている人を退屈させない話し方についてご紹介します。原稿を考えるときには、スピーチの長さを意識した文量にしましょう。披露宴は全体でどれくらいの時間がかかるか決められているため、あまりに長かったりみじかかったりすると全体の進行に影響が出てしまいます。

迷惑にならないよう、およそ5分から6分程度の長さにおさまるような文章を考えておくのがよいでしょう。普段よりゆっくりと、聞き取りやすいよう話すのがポイントなので、意識して少し短めにするとちょうどよくなります。文章の構成ですが、もちろん自分と結婚する方の親しさによって多少変化はあります。そのなかでも、必ずおさえておいてほしいのが「新郎新婦と自分との関係性」「新郎新婦がどういう人間か」「結婚するふたりに対するお祝いの言葉」という要素。

自分のスピーチを聞いているのは結婚するふたりだけではないということを念頭に置いて、ひとりよがりな文章にならないよう気をつけましょう。ひとつひとつを説明するときも、具体的なエピソードも添えて話すとわかりやすいですし、新郎新婦に対する親しみやすさも演出できます。逆にスピーチに盛り込んではいけない内容として、新郎新婦の過去の暴露話や恋愛についての話や自分自身の自慢話などがあげられます。

特に過去の恋愛についての話は、新郎新婦が話してもいいと言ってくれても、出席しているゲストの中にはその話を聞いて少なからず傷つく人もいるかも知れません。結婚式の主役である新郎新婦だけではなく、出席している全員が嫌な思いをしないようなスピーチを心がけましょう。また、親しい相手の結婚式だからといってくだけた内容にしすぎないことも重要です。堅苦しいだけでは聞いていて退屈してしまいますが、ユーモアがあることと品がないことは別であるということは意識しましょう。

金額、マナー……ご祝儀のお作法について

大人になれば、身内だけではなく友人や職場の人の結婚式に参加する機会も増えますよね。服装や身だしなみなどのマナーもたいせつですが、意外と知らないのはご祝儀について。金額の決め方や御祝儀袋の用意の仕方についてご紹介したいと思います。まずは金額の相場ですが、身内以外であれば概ね3万円が基準となっています。

披露宴で提供される食事がおおよそ1万円から2万円ほど、それに引き出物の分も合わせると3万円ほどが自然な相場となります。身内の場合は、いつも決まった金額を用意するよりも、常日頃の付き合いの深さを意識してそのときどきで少しずつ変化をもたせると良いでしょう。とはいえ、金額は年齢によっても大きく左右されます。年齢を重ねて若い人たちよりも多くのお給料を貰っている人たちと、就職してまもなく、手取りもまだ少ない若者との間には金額の差があるのが当たり前。

若い人はあまり無理をせず、年齢を重ねた方は少し奮発する、くらいが理想かも知れません。また、年代によらずご結婚される方々との親しさも金額を決めるポイントのひとつ。親しく、結婚を祝う気持ちを特に強く表現したいという方は、相場の3万円にその気持ちを上乗せして5万円程度を包むと良いでしょう。2で割り切れる偶数は別れをイメージさせてしまうため、奇数の金額を包むのが良いとされているので、3万円から増やすときは4万円ではなく5万円にするのがベストです。

ただ、最近では2万円は「ペア」を連想させ、夫婦をイメージさせるので、失礼な数字にはあたらないとする考え方が一般的です。友人に贈る金額としても若い人にはちょうど良いくらいの額ですので、3万円では少し厳しいという方は2万円でも問題ありません。逆に、絶対にNGとされているのは4万円や9万円といった、4や9が入っている数字です。

縁起の悪い言葉を語呂から連想させるので、こういった数字は控えるようにしましょう。そのご祝儀を入れる御祝儀袋は、包む金額の1%程度の値段のものを選ぶのが一般的です。金額が上がれば御祝儀袋自体もそれに見合うようクラスアップさせていかなければいけません。きれいだから、素敵だからといって中身に見合わず高級な御祝儀袋にしてしまうことがないように気をつけましょう。