「こんな余興はいかがですか?」

結婚式でゲストが新郎新婦にプレゼントするものが、余興です。

引き受けると、どんなことをすれば喜んでもらえ、みんなにも楽しんでもらえるのか、非常に悩むところだと思います。

そこで、今回は、もしどんな余興をやればよいのか迷っている人に、こんなものはいかがですか?

というものをいくつか紹介していきたいと思います。定番なのが、みんなでダンスや歌を歌うことです。

最近では、男性であればEXILE、女性であればAKB48など、みんなで歌って踊れる曲がたくさん出ております。

EXILEの「ERISING SUN」やAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」などは、老若男女、誰もが知っていて、一緒に歌えるので、盛り上がる事間違いなしです。

ただ、ある程度の人数がいないと見栄えが良くないため、最低でも10人ぐらいで集まって行えるとよいでしょう。

次に、メッセージの動画を流すものです。ゲストに来ている人はもちろんですが、来ることができなかった人からも、メッセージをもらい、それを編集して流します。

BGMには感動的な曲をかけ、一人一人、心のこもったメッセージを言ってもらうことで、新郎新婦に感動してもらえることは間違いありません。

中には、スケッチブックに一言書いてもらって、それを編集でリレーをしたり、あるいは一人一つのワードを言ってもらって、それをつなげて一つのメッセージにする、といった手法もおすすめです。

「こんな人も協力してくれたんだ」と新郎新婦に思ってもらえるだけで、効果的です。最後に、「フラッシュモブ」です。

もともと日本にはなかった文化ですが、近年日本でも取り入れるカップルが急増しております。フラッシュモブとは、最初に曲が流れ、一人が突然踊り始めます。

周りのみんなは拍手や手拍子で盛り上げていきます。すると節目でもう一人ダンスに加わります。

その後は同じようにいろいろな人が徐々に参加してき、最終的には参加メンバー全員で踊るというものです。

そして最後に新郎から新婦へ、または新郎新婦から両親へ花束を渡して、フィナーレとなる、というのが基本的な流れです。

若い世代の人向けであり、気恥しいと思う人もいらっしゃるため、チャレンジするのは少し勇気がいります。

いかがでしたか?どんなものであっても、新郎新婦を喜ばせたいという思いがあれば、きっと成功するでしょう。
是非参考にしてください。

「主賓をお願いする時のルールとマナー」

結婚式では、主賓を決めなければなりません。そしてそれをお願いする時には、昔から決められたルールがあり、それに伴うマナーもあります。

これを知らなければ、誰を選べばよいのか迷いますし、何も知らずに進めていくと、ギリギリになって慌てて決めてしまうことにもなりかねません。

どういった方にお願いするのがよいのか、またお願いした後はどんな事に気をつければよいのか、見ていきたと思います。

そもそも主賓とは何かご存じでしょうか?これは、多くの招待客の中での、メインゲストになる人のことを指します。

主な役割としては、あいさつやスピーチ、そして乾杯のあいさつとなります。基本的には、新郎から一人、新婦から一人ずつ選びます。

新郎側は最初の祝辞を、新婦側は乾杯のあいさつをと、役割を分けるのが一般的です。

まれに乾杯のあいさつは、準主賓の人としてもう一人たて、その人にお願いすることもあるようです。

では、どんな人を選ぶのがよいのでしょうか。これはやはり目上の一番立場の高い人にお願いするのが理想的です。

会社関係であれば、招待客の中で一番の上司を、親族中心であれば、親族の一番の年配者の方にお願いすることが多くなります。

お願いする時には、どんなことに気を配ればよいでしょうか。やはり招待状だけでお願いするのはマナー違反です。

できれば直接招待状を渡して、「主賓をお願いしてもよいでしょうか」と確認するのが理想的です。

もし遠方の人であれば、郵送で問題ありませんが、招待状が届く前に、電話で一言挨拶しておくことをおすすめいたします。

そして、お願いした人には、「御車代」として1万円を渡すのがマナーとなっております。渡すのは、披露宴当日で問題ありません。

受付を済ませた頃を見計らって、招待した側の家の方が、あいさつを兼ねて渡すのがよいでしょう。

また、式が終わった後、一週間以内にお礼状を送るか、直接お礼を言うことを忘れないようにしてください。

式の中でも大切な役割をお願いすることになるので、それなりに礼節を持ってお願いしなければなりません。

相手に気持ち良く引き受けてもらえるように、心配りは忘れずに接するようにしましょう。

「祝辞は入念な用意とアドリブで構成しよう」

結婚式の祝辞を任された人は、入念に下準備をし、そして当日に少しアドリブを付け加えて話すと、よりよいスピーチになります。

挙式当日までに、どんなことを話そうか、またどんな構成の内容にするか、悩む所はたくさんあります。
ただ、大切なのは事前の準備だけではなく、当日の様子に合わせて、アドリブを加える事なのです。

どんな内容のものが印象に残りやすいのか、説明していきたいと思います。祝辞に限らず、人前で話す時に基本的なことを把握しておきましょう。
それは、聞き取りやすい声の大きさで話す事、そして丁寧にゆっくり話すことです。人は緊張すると、自分が思っているよりも早口になりがちです。

自分が普通に話すスピードよりも、よりゆっくり話すように意識しましょう。そしてネガティブなことは盛り込まないようにしてください。
大勢の人に聞いてもらうことになるので、聞いていて不快な内容はNGです。前向きで、気分が明るくなることができる内容にしてください。

それを踏まえて、まず最初に考えるのが構成です。あいさつから、自己紹介、新郎新婦とのエピソード、そして締めの言葉という構成です。
ここで気をつけたいのは、「つかみ」です。どんなことでも、聴衆の人の気持ちを掴むには、最初にどれだけインパクトのあることを伝えられるのかが鍵になります。

このつかみは、事前に用意するよりも、当日の状況に合わせてアドリブで何かを盛り込む方が効果的です。
当時思いがけぬことが起きた、など笑ってもらえるようなエピソードがあればよりベストです。

新郎新婦との関係性やエピソードは、事前に準備しましょう。関係性は簡潔に述べ、エピソードは新郎新婦の人間性の良い部分がわかるような話を盛り込みましょう。

これらを踏まえて、全部で5分ほどの長さが理想的です。文字数であれば、1200文字前後となります。
結婚式の祝辞は、みんながきちんと聞いてくれるため、あまり堅苦しくなる必要はありません。極度に緊張しすぎず、適度な気持ちで望めるようにしましょう。
そのためには、入念な用意をし、そして当日アドリブを加えられる余裕を持って挑むことが重要です。

「ご祝儀はいくら包むのがよいのか」

結婚式にはお祝いの気持ちを込めてご祝儀を渡すのが一般的です。
ただ、実際はいくらぐらいを包むのが妥当なのか、迷う人もいらっしゃいます。
実は包む金額は、自分の年齢、そして新郎新婦との関係性によって、目安が決まっております。
具体的にはいくらぐらいがよいのか、紹介していきましょう。

来賓として参加する場合、知人や友人といったケースが多いと思います。
その場合、自分が20代であれば2~3万円、30代は3~5万円、そして40代では3~5万円が目安となっております。
もちろんお金がないのに無理して高い金額を包む必要はありません。

もち夫婦で参加するなどの場合は、二人分をまとめて贈るのが一般的です。
また、昔は「2」という数字は割り切れることで縁起が悪いと言われていたのですが、
今は夫婦やペアという意味で2という偶数もう肯定的に捉えられております。

そのため、社会人1年目などでは、2万円でもよいでしょう。
中には偶数となることを気にされる方もいらっしゃるため、
1万円一枚、5千円二枚、といった風にお札の数を奇数にするなど、工夫をしましょう。

次に、兄弟や姉妹などの場合です。これは一番高く包む必要があります。下は4万円から、
上は10万円までを包むのが一般的です。兄弟は、よほど多くない限りは一人か二人です。
やはり血縁関係にある人なので、どのケースよりも多い金額を渡すのが常識となっております。

近年は、会費制の披露宴をする人も多くなっております。あらかじめ会費で15,000円ほど払うことで、
新郎新婦は式を挙げることの負担が少なくなり、またゲストの方にも気を遣わないで参加してほしい、
という意図が込められております。その場合、基本的にはご祝儀は不要となります。よほど親しい人であれば、会費とは別に渡すとよいでしょう。

最近は会費制の結婚式が増えているため、ご祝儀をいくら渡すのがよいのか、
なかなか知る機会もありません。ただ、いずれかはそういった機会がやってくる可能性もあるため、
ある程度の常識は把握しておくに越したことはありません。是非参考にしてみてください。