サプライズは絶対NG!余興をお願いする時に注意すべき事とは?

結婚式の披露宴に花を添える余興。楽器演奏や歌、寸劇など素敵な演出があると、そのお祝いの気持ちが伝わって披露宴があたたかな雰囲気に包まれます。そんな余興を招待客にお願いする時、気を付けなければいけない点がある事をご存じでしょうか?「楽しみにしていて!」なんて申し出てくれる友人や同僚に感謝の気持ちでお任せ。といきたいところですが、生涯の思い出になる披露宴を無事終わらせたいのでしたら、「内容はサプライズ」というのは絶対にNGです。

かかる費用を負担したいのでなどと申し出て、内容はよく相談の上で行っていただきましょう。その際には、失礼にならないよう、かつハッキリと「して欲しくない事」はお伝えするのがベストです。楽器演奏や歌の場合によくある失敗としては、曲の1番は明るい結婚式向けの歌詞でも2番になると不倫や悲恋を連想させる曲を使ってしまう事があります。

特に外国の歌の場合は知っている方をびっくりさせてしまいますので、よく確認し避けてもらうようにしましょう。最近流行の新郎新婦生い立ち紹介映像は当日流す前にチェックさせて貰うと安心ですし、友達インタビューの場合には事前にインタビューする相手は決めておいて貰いインタビューされる方には言って欲しくない事なども併せてお伝えておくなどすると良いでしょう。

「なぜそこまで?」と不思議に思われる方もいらっしゃると思いますが、余興でせっかくの披露宴が台無しという事は、実はよくあるのです。例えば、「新郎の職場では、同僚が半裸で踊る余興が慣例だった」「マジックショーとだけ聞いていたが、火を使ったマジックに失敗してテーブルに燃え移った」「インタビュー形式の余興で過去の異性関係を暴露されてしまった」など、一生の思い出のはずが、悪夢の記念になってしまう事も。

そんな余興をする友人をもつ伴侶を信頼して新婚生活に踏み出すのも怖くなるかもしれません。結婚式の日を素晴らしい記念日にする為にも、気持ちよく新生活をスタートさせる為にも、くれぐれの余興の内容はしっかりチェックして、悔いのない披露宴を。

結婚式の余興は、誰もが楽しめるものを心がけましょう。

結婚式における余興は、式に呼ばれたゲストが、式を盛り上げるためのイベントですが、はしゃげば良いというものでもありません。内輪だけで伝わる話や練習不足な歌、NGワードなどもありますので、事前に打ち合わせを行い、誰もが楽しめるものにしましょう。

《縁起の悪い言葉は避けたものにしてください》
例えば、コントや演劇のようなものを披露するとしたら、結婚式ではあまり縁起が良くない言葉や内容のものは避けてください。別れるや切れる、下品な言葉、内輪でしか分からないネタなどは、親戚や会社の方もいる中では不適切です。事前に原稿をチェックしたうえで、新郎新婦と確認を行うのも良いかもしれません。いくら楽しい内容になっていたとしても、一部の人にしか分からない内容ではいけません。会場の方すべてが楽しんでいただけるものにしましょう。当然、新郎新婦が主役ですので、お二人の結婚生活を応援するといった内容がふさわしいでしょう。
《完成度の高いものを目指しましょう》
余興といえど、あまりに稚拙な内容では、会場は白けてしまいます。下手に恥ずかしがったり、遠慮がちではかえって見苦しくなってしまいます。そのためにも、歌や劇であれば、事前に相当な練習を行いましょう。練習によって完成度を高めて、会場の方が満足できるものを目指しましょう。しかし、そうはいっても何よりも新郎新婦のためのイベントですので、2人を祝う気持ちを持って臨めば自然と良いものが出来上がるものと思います。

《時間はほどほどに》
明確に何分くらいと決まったものではありませんが、披露宴自体が2時間半から3時間ほどですから、その時間を考えると長くても20分ほどでしょうか。新郎新婦の挨拶回りや歓談の時間もありますし、撮影などもあり、意外と時間は限られていますから、当日になって慌てないように事前に打ち合わせして、進行の妨げとならないように気をつけましょう。楽しさのあまりのついつい時間を忘れて話しすぎたりすることも少なくないと思うので、時間の目安がはっきりとしづらいコントや演劇は、事前にビデオなどでまとめておくと進行もスムーズに行えると思います。もちろん、その場で歌ったり演奏したりというのもありですが、舞台慣れしていない不安がある方は、避けたほうが良いかもしれません。何よりも新郎新婦に喜んでもらえるイベントとしたいですね。

記憶に残る余興を

今まで様々な結婚式に行かれたことがあるかもしれません。新郎新婦は早い段階から準備して時間も労力もかけているわけですから、招待客、特に親族としては、本当に素敵な一日、思い出に残るようなものとなってほしいと願うのではないでしょうか。しかし、その素敵な一日を感動させたり記憶に残るものにしたり、逆に台無しにしてしまうのが、余興なのです。

花嫁花婿を困らせないために、また縁起の悪いものとしないためにも、「忌み言葉」の使用は避けるべきです。忌み言葉とは、別れる、切れる、壊れるなどの結婚にとってマイナスのイメージをわかせる言葉のことです。特に歌を披露したいと思う場合、またBGMに使う曲を選ぶ際には、英語の歌、もしくは外国語の歌を選曲するかもしれません。

意味もわからずに単に曲が好きだからということで選ぶと、実は別れの曲だったり、失恋の曲だったりする場合がありますので注意しましょう。もちろん下ネタもいけません。受けると思って下ネタを使う人もいるのですが、結婚式は飲み会や普段の集まりとは違い、様々な方面から招待客が出席しており、友達の振る舞い、印象がそのまま新郎新婦の印象につながりかねません。

楽しい雰囲気で執り行うことも重要ですが、厳かに整然と行うという部分も忘れないようにするのは大事ですね。またあまりにも内輪ネタの余興も避けるべきです、一部の人にとっては背景などがわかり、楽しいかもしれませんが、ゲストは年齢層や社会的立場など様々な人がいるので、全ての出席者が楽しめる出し物が一番です。

そして特に気をつけなければいけないのが、時間です。どれだけ一生懸命準備しても、大幅に時間をオーバーしてしまえば、式全体の進行を阻んでしまいます。結婚式で余興を頼まれたなら、これから結婚する新郎、新婦のことをよく考えて、ネットなどでどんな出し物が喜ばれているのかなど調べてみましょう。一生懸命に準備すればその思いは伝わるでしょう。

結婚式の余興、準備するときのポイントは?

友人や親戚の結婚式では、余興を頼まれることもありますよね。親しい人たちだけを集めた式なら別ですが、たいていの場合は新郎新婦の職場の人たちやたくさんの親戚も出席しているもの。余興とかんたんに言っても、身内ネタばかりにはせず、しかし新郎新婦を中心としたものにするのは案外むずかしいことのはずです。

そこで、今回は結婚式で行うと新郎新婦にもゲストにも喜ばれるためにはどんな準備をしたらいいかをご紹介したいと思います。まず必ず避けたいのは、別れる・切れるなど、破局をイメージさせるような言葉。失恋ソングなども使用しないようにしましょう。

特に英語の歌などは歌詞の詳しい意味を知らずに聴いている場合も多いと思いますから、事前に歌詞の内容をチェックしておくのがたいせつです。また、新郎新婦の親族や職場の上司がたくさん集まっていることを考慮し、あまりにも下品なものも避けるようにしましょう。もうひとつ注意したいのが、内輪ネタを避けるということ。

友人たちの年齢はほぼおなじ年代でかたまっているでしょうが、親戚一同や職場関係者などはその限りではありません。年齢のギャップにも関係なく、全員が楽しめるものを用意するようにしましょう。内容については、規定の時間ないにおさめるというのもたいせつなポイント。

披露宴というのは全体のタイムテーブルが細かく決まっているものですから、その進行に影響を与えるほどにみじかすぎたり長すぎたりといったことがないよう、事前にどれくらいの持ち時間があるのかをしっかり確認しておくのも重要です。

また、他にも大勢の人が見ているとはいえ、新郎新婦が喜んでくれるのが第一ですから、ふたりを中心にしたイベントにするのが一番です。サプライズを演出するのも良いですし、映像や写真などで思い出を振り返るようなときにも新郎新婦を中心にしておけば出席している全員がある程度楽しむことができます。最後に、ダンスや歌などを披露する場合のポイントですが、練習はなるべくたくさんして羞恥心を捨てて堂々とこなすのがコツです。上手にはできなかったとしても、がんばっている姿勢が見えればみんな感動しますし、新郎新婦のために一生懸命準備した姿にはみんな喜んでくれるはずです。

たかが余興、されど余興

結婚式で行われる余興。式を盛り上げる上では地味に重要な役割を果たすために、演出として非常に重要です。結婚式は幸せな夫婦を祝福するための儀式ですから、盛り上げるタイミングで盛り上がりたいところ。機運が高まればそれ以降の運びもスムーズに進みますし、来賓者の気分も盛り上がります。来てくれたゲストに「来てよかった」と思っていただたくためにも、欠かせないイベントです。ここでは、そんな結婚式の余興を成功させるためのコツをいくつか紹介します。

★参加者全員が共感できる内容のものにする例えば、20代の男女が結婚するとして、20代の参加者だけにしか理解できないような内容の余興は禁物です。ゲストの中には高齢の方もいますし、その方が主賓を務める場合もありえます。一部の人が興ざめてしまうような内容にしてしまうと、その後の式の進行に差し支える可能性がありますから、そういった内容にはならないようにくれぐれも気を付けましょう。

★下品な内容は厳禁言うまでもないことですが、下ネタはもちろん、式の雰囲気に合わないようなことはしないのがセオリーです。式の序盤で行うものですから、ここで雰囲気を損ねてしまうと、ズルズルとその空気を引きずってしまう可能性があり、非常に危険です。

★練習はしっかりと何をやるにしても事前の練習・打ち合わせはきちんと行うようにしましょう。内容はもちろん重要ですが、それを自信をもって堂々と行うのとそうでないのとでは印象がまるで違ってきます。ある種の三枚目的な立ち位置ですから、あまり堂々とし過ぎていてもそれはそれでおかしなことになるかもしれませんが、式の雰囲気をしっかりと盛り上げるためにも、やると決めたものはきちんと質の高いものに仕上げたうえで、当日に備えるようにしましょう。結婚式での余興は、主賓のスピーチほどの重要性やプレッシャーはないかもしれません。ですが、たかが余興と言って侮ってしまえば、それは新郎新婦の一生に一度しかない結婚式を台無しにしてしまいかねません。ですから、もし任命されたのであれば、それを忘れないように気を付けましょう。

「こんな余興はいかがですか?」

結婚式でゲストが新郎新婦にプレゼントするものが、余興です。

引き受けると、どんなことをすれば喜んでもらえ、みんなにも楽しんでもらえるのか、非常に悩むところだと思います。

そこで、今回は、もしどんな余興をやればよいのか迷っている人に、こんなものはいかがですか?

というものをいくつか紹介していきたいと思います。定番なのが、みんなでダンスや歌を歌うことです。

最近では、男性であればEXILE、女性であればAKB48など、みんなで歌って踊れる曲がたくさん出ております。

EXILEの「ERISING SUN」やAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」などは、老若男女、誰もが知っていて、一緒に歌えるので、盛り上がる事間違いなしです。

ただ、ある程度の人数がいないと見栄えが良くないため、最低でも10人ぐらいで集まって行えるとよいでしょう。

次に、メッセージの動画を流すものです。ゲストに来ている人はもちろんですが、来ることができなかった人からも、メッセージをもらい、それを編集して流します。

BGMには感動的な曲をかけ、一人一人、心のこもったメッセージを言ってもらうことで、新郎新婦に感動してもらえることは間違いありません。

中には、スケッチブックに一言書いてもらって、それを編集でリレーをしたり、あるいは一人一つのワードを言ってもらって、それをつなげて一つのメッセージにする、といった手法もおすすめです。

「こんな人も協力してくれたんだ」と新郎新婦に思ってもらえるだけで、効果的です。最後に、「フラッシュモブ」です。

もともと日本にはなかった文化ですが、近年日本でも取り入れるカップルが急増しております。フラッシュモブとは、最初に曲が流れ、一人が突然踊り始めます。

周りのみんなは拍手や手拍子で盛り上げていきます。すると節目でもう一人ダンスに加わります。

その後は同じようにいろいろな人が徐々に参加してき、最終的には参加メンバー全員で踊るというものです。

そして最後に新郎から新婦へ、または新郎新婦から両親へ花束を渡して、フィナーレとなる、というのが基本的な流れです。

若い世代の人向けであり、気恥しいと思う人もいらっしゃるため、チャレンジするのは少し勇気がいります。

いかがでしたか?どんなものであっても、新郎新婦を喜ばせたいという思いがあれば、きっと成功するでしょう。
是非参考にしてください。