結婚式にふさわしい、袱紗を使ったご祝儀の渡し方

結婚式で渡すご祝儀袋をそのままバッグに入れていませんか?袋のまま入れてしまうと、気付かないうちに袋が汚れてしまったり、端が折れてしまうことがあります。気持ちを込めた贈り物ですから、袱紗に包んでおきましょう。袱紗で包むということは、袋を汚さないためだけではなく、気をそのまま保つという意味があります。あなたの礼節を重んじるという心遣いを相手に示すことができるのです。

袱紗は元々、塵埃除けを目的に貴重品の入った箱ものの上に掛けられた風呂敷状のものでした。その後贈答品を運ぶ時の汚れや日焼け防止として使われるようになり、裏地付きの絹で作られるようになりました。そして、現在使われているような正方形の形になっていきました。現在、袱紗にはとめ爪のついた「爪付き袱紗」、内側に金封を留める台がついた「台付き袱紗」などの種類があります。

最近はたたむ手順を省くことができる封筒の形をした金封袱紗もあります。形はお好みで問題ありませんが、金封袱紗を慶事に使う場合は右開きのものを選んでください。左開きは弔事用です。また、袱紗は色に決まりがあり、暖色の明るい色は慶事用、寒色は弔事用になります。紫色だけはどちらでも使えるとされているので、初めて袱紗を持つ場合は、外側が紫色で中側が白色のものを持っておくと便利です。

袱紗で一番注意しなければならないことは、包み方と渡し方です。慶事の場合はご祝儀袋の表面を上にして袱紗の上にのせた後、四隅を左、上、下、右の順に折りたたみます。左側のはみ出した部分は内側に折ります。そして、渡す際は左手に袱紗を置き、右手で開いて取り出します。渡す相手にのし書きが見えるよう、時計回りに袋の向きをかえ、両手で渡します。せっかく袱紗を用意したのですから、マナーを覚えて失礼のない渡し方にしたいですね。

もちろん、「本日はおめでとうございます」など挨拶の言葉も忘れないように。袱紗は覚えなくてはならないことがあり、ハードルが高いと感じるかもしれません。ですが、言葉では表せない気持ちも包んでお渡しすると考え、あなたの気持ちを更に伝えていきましょう。

祝辞の良し悪しは、時間!?

結婚式での祝辞は、式のイベントの一つとされていますが、多くの人が、話を聞くために手を止め注視する舞台は、緊張するものです。できれば、良いスピーチだったと思ってもらいたいという方は、時間を意識したスピーチを心がけてみてはいかがでしょうか。

《何を話すかはほぼ決まっています》
まずは、自己紹介。自分がどういった立場であるか、新郎新婦との関係を述べます。ここはあまり掘り下げずに、簡潔にまとめて大丈夫です。続いて、新郎新婦へお祝いの言葉と、その家族や親族に挨拶をします。年配の方や目上の方がいる場合、僭越ながらご指名により挨拶させていただく旨も伝えます。ここまでで、およそ1分から2分ほどでまとめられるようにしてください。続いて、新郎新婦の人柄をあなただからこそ分かるという立場で説明すると良いでしょう。

あなたが新郎、または新婦の上司であれば、その真面目さや責任感の強さなど、結婚生活を送るうえで、良いと思える点を具体的なエピソードを交えて話しましょう。友人代表ということであれば、遊んだときの思い出であるとか、学生時代のことなどを話しましょう。ここで、会場の方が知らなかったようなエピソードを、ひと笑い誘うように話せれば上出来です。次に、結婚生活を歩み始める2人へ向けて、はなむけの言葉を述べましょう。

結婚生活には大切な袋が三つある。といった有名な話もありますが、先に話した内容とつながりがあり、納得できそうな話を話すと良いでしょう。金言、名言、ことわざや書物などから引用すると品よくまとまります。ここは、およそ4分から5分ほどでまとめるよう意識してください。最後に、締めの言葉でまとめます。話が長くなったことをさりげなく詫びつつ、挨拶し、新郎新婦に改めて、ご結婚おめでとうございますの一言で締めます。

《原稿用紙3、4枚がベスト》
文字数にすると、1200文字から1600文字といったところです。文字数を考えると、結構な量があると感じるかも知れませんが、これを5分から7分程度で話せるようにします。と言うのも、内容はもちろんですが、スピーチの良し悪しは、時間も重要となってきます。長々と話してしまうと、どうしても聞き手は集中力に欠けてきます。そうすると、眠気を誘ったり、意識が他に向いてしまうのです。聞き手が、最後までしっかりと集中できる時間の目安が、5分から7分程度とされています。ぜひ、時間を意識したスピーチを行い、良いスピーチだったと思っていただけるよう心がけてください。

祝福の気持ちを祝辞に込める

結婚式に招待されるとうれしいものですが、祝辞などのスピーチをお願いされると一気に緊張して、どうやってすればいいのか緊張してしまうかもしれません。もちろんスピーチを頼まれたなら、快く受けるのがマナーといえます。しかし結婚する相手との関係によって話す内容や気をつけることが違ってきます。

例えば友人での結婚式でお祝いのスピーチをする際には、親しいからといってあまりにも砕けた言葉遣いを使い過ぎないようにしましょう。友人の新郎、または新婦には普段の言葉遣いでいいかもしれませんが、相手の人に対しては敬語で話すようにするといいでしょう。

話す内容に共有する思い出や記憶に残る事柄を含めるならば親しいということを強調できますが、あまりにも個人的な内容やきまりの悪い思いをさせないようにしましょう。また同僚の場合は仕事ぶりや人となりに関して触れることができますが、ここでも仕事の失敗やブラックユーモアなどは極力させていきます。

部下が結婚する場合には仕事上で頼りない部分や仕事上でトラブルがあったことなど、よく知っていると思いますが、マイナスイメージに繋がる話ではなく、新郎、もしくは新婦の頑張りなどを評価する温かさを醸し出せれば、聞いている人も安心できます。もちろん自分の自慢話や下品な冗談などは避けなければいけません。

人前で話すということにほとんどの人は慣れていないため、本番になると緊張のせいで焦ってしまい早口になったり、どもってしまうこともよくあります。しかし焦って早口になるとせっかくの考えた内容が伝わらないので、本番前は友人や家族の前で何度か練習して、本番は自分が思っているよりもゆっくり話すといいでしょう。

結婚式は結婚する当事者にとって、人生で一度の晴れ舞台となります。祝辞は心もこもったもの、そして祝福したいというものを一生懸命考えれば、たとえ下手だとしても気持ちは伝わるものです。思いやりの心を持って取り組んでいきましょう。

結婚式の祝辞を用意するときに気をつけたいこと

職場の部下や後輩、親しい友人などの結婚式では、祝辞を読むよう頼まれることがあります。いくら気の置けない親しい人の結婚式とはいえ、そこには直接の知り合いではない人も多くいますから礼儀の面でもバランスがむずかしいですし、特有のマナーも細かくなかなか把握しきれないことも多いでしょう。

祝辞の文章を考える上でのポイントや聞いている人を退屈させない話し方についてご紹介します。原稿を考えるときには、スピーチの長さを意識した文量にしましょう。披露宴は全体でどれくらいの時間がかかるか決められているため、あまりに長かったりみじかかったりすると全体の進行に影響が出てしまいます。

迷惑にならないよう、およそ5分から6分程度の長さにおさまるような文章を考えておくのがよいでしょう。普段よりゆっくりと、聞き取りやすいよう話すのがポイントなので、意識して少し短めにするとちょうどよくなります。文章の構成ですが、もちろん自分と結婚する方の親しさによって多少変化はあります。そのなかでも、必ずおさえておいてほしいのが「新郎新婦と自分との関係性」「新郎新婦がどういう人間か」「結婚するふたりに対するお祝いの言葉」という要素。

自分のスピーチを聞いているのは結婚するふたりだけではないということを念頭に置いて、ひとりよがりな文章にならないよう気をつけましょう。ひとつひとつを説明するときも、具体的なエピソードも添えて話すとわかりやすいですし、新郎新婦に対する親しみやすさも演出できます。逆にスピーチに盛り込んではいけない内容として、新郎新婦の過去の暴露話や恋愛についての話や自分自身の自慢話などがあげられます。

特に過去の恋愛についての話は、新郎新婦が話してもいいと言ってくれても、出席しているゲストの中にはその話を聞いて少なからず傷つく人もいるかも知れません。結婚式の主役である新郎新婦だけではなく、出席している全員が嫌な思いをしないようなスピーチを心がけましょう。また、親しい相手の結婚式だからといってくだけた内容にしすぎないことも重要です。堅苦しいだけでは聞いていて退屈してしまいますが、ユーモアがあることと品がないことは別であるということは意識しましょう。

ご祝儀はいくら?気持ちの大きさで金額も変わる

結婚式に招かれた時、悩んでしまうのは祝儀の金額。袋の縛り方などでも悩みますが、やはり「人と比べてどのくらい入れてるのか?」というのは気になるところ。他の人がどのくらい入れているのか聞くのも失礼な気がしますし、客観的な基準と言われてもなんとも言えない部分があります。

「祝う」という感情に絶対的な尺度は存在しないからです。とはいえ、年齢や新郎新婦との関係などによって、ある程度の相場が存在するのも事実です。ゲストの年代例えば、あなたが招かれたゲストであれば、まずは自身の年齢によってご祝儀の金額が変わってきます。具体的な相場を挙げれば、20代の方であれば2万円から3万円、30代・40代の方であれば3万から5万円ほどになるのが一般的です。

新郎・新婦との関係性あなた自身が新郎・新婦とどのような関係にあるのか、ということによっても変わってきます。より具体的な基準としては、あなたが「血縁なのかどうか」で変わってきます。関係性が、友人や知人、あるいは会社の同僚・部下・上司、取引先関係の人と言った場合であれば、祝儀の金額はそれほど変動しません。結婚式に招く一般的なゲストの、一般的な祝儀を包めば問題はないでしょう。ですが、兄弟・姉妹など、血縁関係が入ってくると関係は変わってきます。

基本的には、新郎・新婦のどちらかと血縁関係にある場合は、祝儀を1万円から2万円ほど多めに入れるようにしましょう。要するに、祝儀というのは「祝福の気持ちを表したもの」となりますから、新郎・新婦とより親しいもの、近しいものほどその気持ちは大きくなるわけです。したがって、それに応じて祝儀の額も変わってくる、という理由があることを理解しておくといいかもしれません。また、欠席した場合には、出席した際に包むはずだった額の三分の一くらいの額を入れるようにしましょう。

これは、祝儀の額から当日の食事代などを差し引いた金額になります。欠席するのはやむを得ない部分もありますが、そういう場合であっても、礼を失さないために祝儀を贈るのは忘れないようにしましょう。

「祝辞は入念な用意とアドリブで構成しよう」

結婚式の祝辞を任された人は、入念に下準備をし、そして当日に少しアドリブを付け加えて話すと、よりよいスピーチになります。

挙式当日までに、どんなことを話そうか、またどんな構成の内容にするか、悩む所はたくさんあります。
ただ、大切なのは事前の準備だけではなく、当日の様子に合わせて、アドリブを加える事なのです。

どんな内容のものが印象に残りやすいのか、説明していきたいと思います。祝辞に限らず、人前で話す時に基本的なことを把握しておきましょう。
それは、聞き取りやすい声の大きさで話す事、そして丁寧にゆっくり話すことです。人は緊張すると、自分が思っているよりも早口になりがちです。

自分が普通に話すスピードよりも、よりゆっくり話すように意識しましょう。そしてネガティブなことは盛り込まないようにしてください。
大勢の人に聞いてもらうことになるので、聞いていて不快な内容はNGです。前向きで、気分が明るくなることができる内容にしてください。

それを踏まえて、まず最初に考えるのが構成です。あいさつから、自己紹介、新郎新婦とのエピソード、そして締めの言葉という構成です。
ここで気をつけたいのは、「つかみ」です。どんなことでも、聴衆の人の気持ちを掴むには、最初にどれだけインパクトのあることを伝えられるのかが鍵になります。

このつかみは、事前に用意するよりも、当日の状況に合わせてアドリブで何かを盛り込む方が効果的です。
当時思いがけぬことが起きた、など笑ってもらえるようなエピソードがあればよりベストです。

新郎新婦との関係性やエピソードは、事前に準備しましょう。関係性は簡潔に述べ、エピソードは新郎新婦の人間性の良い部分がわかるような話を盛り込みましょう。

これらを踏まえて、全部で5分ほどの長さが理想的です。文字数であれば、1200文字前後となります。
結婚式の祝辞は、みんながきちんと聞いてくれるため、あまり堅苦しくなる必要はありません。極度に緊張しすぎず、適度な気持ちで望めるようにしましょう。
そのためには、入念な用意をし、そして当日アドリブを加えられる余裕を持って挑むことが重要です。