可愛いだけで選ぶのはNG!?ご祝儀袋のランクって?

結婚式のお祝い、専用の袋に入れてお渡しするのがマナーという事は知らない方の方が少ないと思いますが、その袋に、格(ランク)があるってご存じでしたか?実は、ご祝儀袋は入れるお祝いの額や贈る相手によって変える必要があるんです。文具屋さんや雑貨屋さんで「可愛い!!」「こんな素敵な袋なら、きっと喜んでくれるはず」と選んでも、実はマナー違反という事も。では、どんな事に気を付けて選べばいいのでしょうか?

上司や目上の方へ贈るなら、伝統的なものを本来、ご祝儀袋は白いもの。カラフルな袋はお洒落に見えますが、目上の方に差し上げるのにはカジュアルになり過ぎ向きません。水引は、紅白もしくは金銀で、結び切りという形のものにします。蝶結びのほうが可愛らしく感じますが、簡単にほどいて結びなおす事のできる蝶結びは「何度もあって良い」とされる、出産や進学などのお祝い用。

結婚は一度のみというのが望ましいため、ほどけにくい結び切りの形が結婚祝い用となります。3万円までのお祝いでしたら、飾りがあまりついていないシンプルな物を選びます。鶴亀の飾りがはいっていたり、表書きがただの短冊ではなく壇紙といって紅白の紙が波のように織り込まれた飾りがついている物は、5万円以上の高額のお祝い用となります。親しい友人に贈るなら、個性あるものもOK親しいお友達に贈るなら、貴方のセンスを光らせた素敵なお祝いもできますね。

最近では、水引を花の形に編み込んだものや、造花の飾りのついたものなど、さまざまな可愛らしい袋が市販されています。そんななかでも特に注目を集めているのが、再利用できるエコな袋。通常、お祝いの袋は一度使ったら再利用する事はしませんが、せっかくお金を出して素敵な物をと選んでも、一度きりで仕舞われたり捨てられてしまうのは残念ですよね。そう感じる方に人気を集めている、ハンカチや手ぬぐいでできた袋をご存じでしょうか?

手ぬぐいやハンカチでできたご祝儀袋なら、最初の役目を終えた後もデイリーに使ってもらえますので、「これはあの人に貰ったお祝いのハンカチ」と、思い出に残る事間違いなしです。

意外と知らない!??結婚式のご祝儀についてのマナー

そんなに頻繁に招待されるものでもないから、招待が来るたびに、何かと悩む結婚式マナー。ご祝儀もそのひとつですよね。そこそこ付き合いは長いけど、どれくらいが相場なのかわからない、今月はちょっと厳しい……なんてお悩みの方にご説明いたします。

《2万円でも縁起は悪くない!?》
偶数の金額は、割れるから縁起が悪いとされていましたが、昨今では2万円であれば、ペアということで良いとされています。また、8万円も、末広がりという意味合いから、良しとされています。気をつけたいのは、4万円や9万円。死や苦を連想させることから、縁起がよくないとされていますので、気をつけてください。

金額は、その人との付き合いや渡す人の年齢によっておおよそ決まってきますが、やはり3万円が多く、無難な金額です。ただし、40代を過ぎたら、5万円ほど包めると良いかも知れません。お札は折れ曲がっていない新札を用意しましょう。もし、うっかり用意を忘れていた場合は、ひとまずATM等で下ろしたお札を布で包み、アイロンをかけて、しわを伸ばしましょう。

《表書きは、筆か筆ペンを使って、濃い文字で書きます》
最近は、あらかじめ「寿」や「壽」と書かれていますが、なにも書かれていない場合は「御結婚御祝」とするのもありです。ただし、できれば文字数は奇数が望ましいとされています。これも、金額と同様で、割れる字数だと縁起がよくないからとされています。贈る人の名前は、一回り小さく書きます。連名の場合は、目上の人の名を中央に書き、次の人はその左に書きます。人数が多い場合は、代表者の名前を書き、他一同としておきます。名前を書くのは、多くても3名までとして、それ以上の場合は他一同とまとめておくのが目安です。

他一同とした場合、贈る人の名前は、半紙などに書き、中袋の中に入れておきましょう。中袋にも、気をつけたい点がいくつかあり、まず、表面に書く金額は難しい漢字で書きます。3万円であれば「金参萬円也」、5万円であれば「金伍萬円也」とします。也は、無くても構いません。表面の真ん中に書きましょう。裏面には贈る人の住所と名前を書きます。郵便番号や番地は簡単な方の漢数字で構いませんが、一や二は並ぶと分かりにくくなるので、間隔に注意して書くようにしてください。

ご祝儀を渡す際に気をつけること

二人の新たな門出を祝うため、目に見えるものでお祝いしたいという現れであるご祝儀ですが、意外とどれくらいも金額を包めばいいのか、またどういった物に包めばいいのか知らない場合があります。包む金額の相場は身内以外では3万円とされています。

これは結婚式や披露宴で提供されるお料理などの単価が平均で1万円から2万円と言われており、その代金プラス1万円をお祝い金として渡すという感覚です。しかし、お祝儀袋に入れてはいけない数字の金額があることを忘れては行けません。それは偶数の数字です。偶数の数字は割りきれてしまうので、離婚や別居を連想させて縁起の悪い数字とみなされています。

しかし最近で偶数でも2はペア、8は末広がりの意味があると言われて、お祝いとして送ってもいいと言われているようです。そして絶対にダメなのが「死ぬ」「苦しむ」につながる4,9。かなり古い考えですが、それでもお祝いの出来ではできるだけ縁起の悪い者は避けておいたほうがいいでしょう。

そして結婚式に呼ばれていないとき、もしくは何かしらの理由で出席できないという場合でも近しい人、または親族にはお祝い金を送るのが礼儀となっています。その際には若い人なら5千円、それ以外であれば1万円程度であれば常識の範囲内と言えるでしょう。もちろんそれ以上して悪いということはありません。

またご祝儀袋ですが、意外と知られていませんが、中身にあった袋を選ぶ必要があるのです。大体包む金額の1%相当の袋を選ぶのが通常で、2万円程度なら100円から200円のお手頃の物を選ぶことができますが、中の金額が大きければ大きいほどゴージャスな袋を選びましょう。

また表書きは毛筆、筆ペン、サインペンなどを使用して、万年筆やボールペンはしつれいになることを忘れてはいけません。結婚式に呼ばれる側も様々なマナーに気をつけていかなければいけませんが、これができたら 立派な社会人になったと言えるでしょう。

金額、マナー……ご祝儀のお作法について

大人になれば、身内だけではなく友人や職場の人の結婚式に参加する機会も増えますよね。服装や身だしなみなどのマナーもたいせつですが、意外と知らないのはご祝儀について。金額の決め方や御祝儀袋の用意の仕方についてご紹介したいと思います。まずは金額の相場ですが、身内以外であれば概ね3万円が基準となっています。

披露宴で提供される食事がおおよそ1万円から2万円ほど、それに引き出物の分も合わせると3万円ほどが自然な相場となります。身内の場合は、いつも決まった金額を用意するよりも、常日頃の付き合いの深さを意識してそのときどきで少しずつ変化をもたせると良いでしょう。とはいえ、金額は年齢によっても大きく左右されます。年齢を重ねて若い人たちよりも多くのお給料を貰っている人たちと、就職してまもなく、手取りもまだ少ない若者との間には金額の差があるのが当たり前。

若い人はあまり無理をせず、年齢を重ねた方は少し奮発する、くらいが理想かも知れません。また、年代によらずご結婚される方々との親しさも金額を決めるポイントのひとつ。親しく、結婚を祝う気持ちを特に強く表現したいという方は、相場の3万円にその気持ちを上乗せして5万円程度を包むと良いでしょう。2で割り切れる偶数は別れをイメージさせてしまうため、奇数の金額を包むのが良いとされているので、3万円から増やすときは4万円ではなく5万円にするのがベストです。

ただ、最近では2万円は「ペア」を連想させ、夫婦をイメージさせるので、失礼な数字にはあたらないとする考え方が一般的です。友人に贈る金額としても若い人にはちょうど良いくらいの額ですので、3万円では少し厳しいという方は2万円でも問題ありません。逆に、絶対にNGとされているのは4万円や9万円といった、4や9が入っている数字です。

縁起の悪い言葉を語呂から連想させるので、こういった数字は控えるようにしましょう。そのご祝儀を入れる御祝儀袋は、包む金額の1%程度の値段のものを選ぶのが一般的です。金額が上がれば御祝儀袋自体もそれに見合うようクラスアップさせていかなければいけません。きれいだから、素敵だからといって中身に見合わず高級な御祝儀袋にしてしまうことがないように気をつけましょう。

結婚式の祝辞が得意になるために

結婚式での祝辞。名誉な役どころではありますが、あまり積極的にやりたがるという人はいないかもしれません。それは、新郎新婦に対する祝福の意志がないというわけではなく、人前で、しかもかなり難しい言葉を使って話さなくてはならないというプレッシャーから来る意識でしょう。

「大したことは言わなくてもいい」と周囲は言うかもしれませんが、そういうわけにもいかないのがこの手の役どころのつらい所。人前でよほど話慣れている人でもなければ、この大役を率なくこなすのは難しいものがあるでしょう。とはいえ、慣れ不慣れに関係なしに回ってくるのがこの手の役の難しい所。

ここでは、急に回ってくるこの大役をこなすためのコツをいくつかご紹介します。

■起承転結をはっきりさせる何を言うのか内容を決める時に、起承転結をしっかりと決めておくことです。スピーチをする時の基本中の基本ではありますが、この骨子をしっかりとさせるだけでも、聞いている側からすればかなりわかりやすい話になります。新郎新婦と自分がどういう間柄なのか、どういうエピソードがあったのか。結婚までの苦労話など。自分が知っている、結婚に至るまでの経緯と、それに対して自分がどう思っているのか。しっかりと順序立ててはなしをすれば、それだけでもスピーチとしての体裁は保てるはずです。結婚式だからと下手な色気は出さずに、基本に徹することです。

■態度や挙動に気を付ける厳粛な場ですから、発言する内容はもちろんのこと、話しをする時の挙動にも気を付ける必要があります。髪の毛をいじったり、変に体を動かしたりなどすると、せっかくいい内容で話をしていても台無しになるかもしれません。堂々として、それでいて威張って見えないように。挙動にはくれぐれも気を付けましょう。なかなか巡ってこない機会でもあるため、スピーチに「慣れる」というのは少し無理があるかもしれません。しかしながら、ちょっとしたコツや要点をきちんと押さえて、事前にある程度練習しておけば、100点まではいかないまでも、そつのない、堅実なスピーチをすることができるはずです。自分が話し上手ではないという自覚があるのであれば、あまり色気を出さずに、基本に忠実なスピーチを実現させましょう。

「ご祝儀はいくら包むのがよいのか」

結婚式にはお祝いの気持ちを込めてご祝儀を渡すのが一般的です。
ただ、実際はいくらぐらいを包むのが妥当なのか、迷う人もいらっしゃいます。
実は包む金額は、自分の年齢、そして新郎新婦との関係性によって、目安が決まっております。
具体的にはいくらぐらいがよいのか、紹介していきましょう。

来賓として参加する場合、知人や友人といったケースが多いと思います。
その場合、自分が20代であれば2~3万円、30代は3~5万円、そして40代では3~5万円が目安となっております。
もちろんお金がないのに無理して高い金額を包む必要はありません。

もち夫婦で参加するなどの場合は、二人分をまとめて贈るのが一般的です。
また、昔は「2」という数字は割り切れることで縁起が悪いと言われていたのですが、
今は夫婦やペアという意味で2という偶数もう肯定的に捉えられております。

そのため、社会人1年目などでは、2万円でもよいでしょう。
中には偶数となることを気にされる方もいらっしゃるため、
1万円一枚、5千円二枚、といった風にお札の数を奇数にするなど、工夫をしましょう。

次に、兄弟や姉妹などの場合です。これは一番高く包む必要があります。下は4万円から、
上は10万円までを包むのが一般的です。兄弟は、よほど多くない限りは一人か二人です。
やはり血縁関係にある人なので、どのケースよりも多い金額を渡すのが常識となっております。

近年は、会費制の披露宴をする人も多くなっております。あらかじめ会費で15,000円ほど払うことで、
新郎新婦は式を挙げることの負担が少なくなり、またゲストの方にも気を遣わないで参加してほしい、
という意図が込められております。その場合、基本的にはご祝儀は不要となります。よほど親しい人であれば、会費とは別に渡すとよいでしょう。

最近は会費制の結婚式が増えているため、ご祝儀をいくら渡すのがよいのか、
なかなか知る機会もありません。ただ、いずれかはそういった機会がやってくる可能性もあるため、
ある程度の常識は把握しておくに越したことはありません。是非参考にしてみてください。